ボヘミやんの採集日記


前の月今日次の月
2002.12
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

オットン畑沢 第2日目
2日目、何処を叩くか色々選択肢はあったが
西からの友人は昨日の結果を踏まえ
本日もオットン畑沢をご希望。

曰く「発泡スチロールのような雪」が降り出し、
掘り出した標本を瞬く間に白く被う中、
夫々 結果を出していく。

私はグズクズの石からスパチュリの
体を丸めた全体標本を得る。
雌型は粉々だし、欠損もあるが
スパチュリの特徴をちゃんと残しているから
まあ良しとしよう。
他に特筆すべき標本はなし。

友人もまた両日でクリーニングの結果報告が
楽しみな化石を得ている。
それにしても皆さん、すごいね・・・
私なら終日石を叩くなんて、
余程のことがない限り しないね。
ましてあの寒空の下なら二時間もやって
尻尾の1個も出りゃ退散してたね(笑)
でも、この2日間みたいに周りに引っ張られて
私もいい化石を採ることが出来たんだねえ。
ありがたいことです(^-^;)ゞ

スパチュリ全体1個(今にも崩れそう)
スパチュリ頭鞍2個
スパチュリ尾部3個
小さい尻尾1個
シュードオルソセラス1個

これで今冬の採集は終わりだろう。
来春も楽しみだ。

2002年12月29日

名前:
 
※日記書きモードに移行するにはパスワードが必要です。

日記の使い方    標本室トップに戻る

啓須とケンたま