絵で見るイディオム go up in smoke

go up in smoke

せっかくのトランプタワーが、
煙となって消えてしまいました。(・・・なぜ??)

go up in smoke

《英英辞典による語句の意味の説明》 [LONGMAN 英英辞典]
if a plan or some work goes up in smoke, it fails or you cannot continue with it

go up in smoke は、「燃えて煙となって消えてしまう」というイメージから比喩的に、計画や希望、積み重ねてきたものなどがダメになる意味を表しているくだけたイディオム表現。
日本語訳としては、”おじゃんになる,露と消える、はかなく消える,水の泡となる”などなど、いろいろと当て嵌まりそうです。

All my plans went up in smoke.
「僕の計画は全部パーになった。」

When the business went bankrupt, twenty years of hard work went up in smoke. [cb]
「会社が倒産したとき、20年にわたる努力がはかなく消え去った。」

Don't let all your efforts go up in smoke.
「努力を全部無駄にするなよ。」

文字通り、建物などが燃えて煙になる=”全焼する” 意味も。
Because of the fire, hundreds of houses went up in smoke.
「火事によって多くの家が完全に焼け落ちた。」
:《類義》 go up in flames

ちなみに、トランプを重ねて作るトランプタワー。英語では house of cards(card tower) と言うそうです。

ついでに覚える類義表現

word [go] down the drain … 水泡に帰す,無駄になる
drain は ”排水溝,下水管”、要するに”ドブ”ですね。
努力やお金などが、バシャーッ!とドブに流れてしまうイメージのイディオム

All our efforts went down the drain.
「私たちの努力がすべて水の泡になった。」

word come to nothing … 無駄になる
こちらはストレートな言い方。

参考・例文 [cb] = Cambridge Advanced Learner's Dictionary
Back to the top of this page