いろいろな”花”の名前 in English!

lily of the valley , snapdragon , dandelion , baby's breath
これらはすべて花の名前なんですけれど、 さて、なんでしょう?
答えは…

今回は植物の英語名一覧シリーズ ””編です。 ( ”木”編果物と野菜
朝顔やケイトウ、キンセンカなどといった花々の英名をいくつか並べてみました。
英名がそのままカタカナ名になっているもの(チューリップ tulip、コスモス cosmos、ダリア dahlia など)は、英語と発音の異なる一部のものしか載せていません。
種類の選別は独断と偏見によるものですので、いろいろと穴があるかもしれませんが、とりあえず、身近な花の英語での呼び方をチェックしてみましょう。

ついでに漢字も覚えて一石二鳥!

英名(&漢字)一覧

アサガオ
(朝顔)
morning glory
(モーニング グローリー)
ヒルガオ(昼顔)”は bindweed (ヒルガオ科の植物)など。

アネモネ
(牡丹一毛)
anemone
(アネモニ)
牡丹一毛は和名。 語源はギリシャ語で”風”。英語の発音も、ほぼそのままですが、sea anemone というと ”イソギンチャク”のことで、anemone fish というと ”クマノミ”(よくイソギンチャクのそばにいる魚)のこと。

アザミ
(薊)
thistle
(シスル)
葉っぱがチクチクいたーい野花。園芸種のルリタマアザミ(エキノプス Echinops)は globe thistle の一種。
ノアザミ【紫桜館 山の花屋】

アヤメ
(菖蒲)
iris
(アイリス)
花菖蒲やカキツバタ(杜若 rabbit-ear iris)なども含めたアヤメ科の花を指します。語源はギリシャ語の”虹”を表す語で、 iridescent というと”虹色の”という意味の形容詞。

オイランソウ
(花魁草)
phlox
(フロックス)
和名はクサキョウチクトウ(草夾竹桃)とも。 近年では宿根フロックスの名前のほうが通っているでしょうか。

オオハンゴウソウ
(大反魂草)
black-eyed Susan
(ブラックアイド スーザン)
ルドベキア(rudbeckia)の一種で、アメリカ、メリーランド州の州花。日本名を知りませんでしたが、英名がなんとなくおしゃれなので追加。^^;

オシロイバナ
(白粉花)
four-o'clock
(フォー オクロック)
夕方から花が開くのでこの名前に。 marvel of Peru とも。

オダマキ
(苧環)
columbine
(コーラムバイン)
キンポウゲ科の多年草です。アメリカ、コロラドの州花。学名 Aquilegia(アクイレギア)。granny's bonnet とも。

カスミソウ
(霞草)
baby's breath
(ベイビーズ ブレス)
babies' breath。細かく言うと宿根カスミソウのことで、花の大きい一年草のほうは annual baby's-breath 。学名 gypsophila。

キキョウ
(桔梗)
balloon flower
(バルーン フラワー)
学名の platycodon や Chinese bellflower とも。 切花に人気の”トルコギキョウ”(lisianthus / prairie gentian / eustoma《学名》)は、キキョウ科ではなくリンドウ科です。

キク
(菊)
chrysanthemum
(クリサンセマム)
略して mum(マム)。日本でクリサンセマムというと白い小菊のノースポールが有名ですが、”菊”全体を指しています。”キク科”は asteraceae。

キンギョソウ
(金魚草)
snapdragon
(スナップドラゴン)
由来は花の形が竜の口のようだからだそうで、日本語での”金魚”とはイメージが大違い。

キンセンカ
(金盞花)
pot marigold
(ポット マリーゴールド)
学名の calendula(カレンジュラ)も一般的。 ”マリーゴールド”とは別種です。

キンポウゲ
(金鳳花)
buttercup
(バターカップ)
キンポウゲ属の学名は Ranunculus(ラナンキュラス)。 アネモネとともに親しまれる春咲きの球根ラナンキュラス(Persian buttercup)もこの仲間で、学名から名前が定着したようです。

キンレンカ
(金蓮花)
nasturtium
(ナスターシャム)
この nasturtium という名は、実はクレソンの学名で、似た味を持っているために、一般に広まってしまったんだとか。

クレマチス
clematis
(クレマティス)
西洋でも昔から人気で、traveller's joy や old man's beard 、virgin's bower などなど、いろんな愛称あり。テッセン(鉄線)はクレマチスの一品種です。

ケイトウ
(鶏頭)
cockscomb
(コックスコウム)
英語でもやっぱり ”鶏のトサカ”。 《学名》Celosia。 鮮やかな葉っぱを鑑賞する”ハゲイトウ(葉鶏頭,雁来紅)”は Joseph's coat。 聖書の中の逸話に由来するそうです。(tampala とも)

ゲッカビジン
(月下美人)
Dutchman's pipe
(ダッチマンズ パイプ)
オランダ人のパイプ? night queen などとも。 孔雀サボテンの一種です。

サボテン
(仙人掌)
cactus
(キャクタス)
複数形は cacti。”ウチワサボテン”は prickly pear 、”シャコバサボテン・カニバサボテン(Christmas cactus)は、クリスマスカクタスとして売られていますが、近年 holiday cactus になっていってるようです。

Cacti: The Illustrated Dictionary
1000枚を越える写真で彩られた英語のサボテン辞典。

シクラメン
(豚饅頭、篝火花)
cyclamen
(サイクラメン)
”サイクラメン”となる発音に注意です。漢字の豚饅頭は英語での別名 sowbread を和訳したもの。

シバザクラ
(芝桜)
moss phlox
(モス フロックス)
moss pink とも。グラウンドカバーとして植えられてます。学名 Phlox subulata 。

シャクヤク
(芍薬)
peony
(ピーアニー)
親戚の花木 ”ボタン(牡丹)”も同じく peony です。

シュウメイギク
(秋明菊)
Japanese anemone
(ジャパニーズ アネモニ)
別名キブネギク(貴船菊)。 thimbleweed とも。 菊と ついていますが、アネモネの仲間。

シロタエギク
(白妙菊)
dusty miller
(ダスティ ミラー)
銀白色の葉が寄せ植えなどに人気です。miller は小麦粉などを挽いて粉にする人”粉屋”のこと。

白妙菊 9-10.5cmポット苗

スイセン
(水仙)
narcissus
(ナーシサス)
ラッパズイセン”を指す daffodil(ダフォディル)のほうが一般的。

スイレン
(睡蓮)
water lily
(ウォーター リリー)
フランスの画家モネ(Monet)の有名な絵『睡蓮』の英語名は Water Lilies。

スズラン
(鈴蘭)
lily of the valley
いい響き。日本語でも”谷間の姫百合”という異称があるそうです。実は有毒なので口に入れないようご注意を。

ストレリチア
(極楽鳥花)
bird of paradise
《学名》strelitzia(ストレリチア)。 南国の極楽鳥(bird of paradise)のような姿が印象的な高級切花。

スミレ
(菫)
violet
(ヴァイオレット)
viola(ビオラ *発音やや違)が”スミレ属”を表していて、 pansy(パンジー)も当然お仲間。

センニチコウ
(千日紅)
globe amaranth
(グローブ アマランス)
ドライフラワーとして、昔から親しまれるヒユ科(amaranth)の花。

タンポポ
(蒲公英)
dandelion
(ダンデライオン)
語源は古フランス語で ”ライオンの歯”の意味。ギザギザな葉っぱの形からだそうですが、てっきりタテガミの形からだとばかり思っていました。 タンポポの綿毛は dandelion clock や dandelion puff、parachute ball など。

トケイソウ
(時計草)
passion flower
(パッション フラワー)
パッションフルーツがなるツル性植物。この passion は キリストの受難が由来だとか。

ドクダミ
lizard's tail
(リザーズ テイル)
なぜトカゲの尻尾? 漢字が出せません(汗)。臭いはひどいけれど立派な薬草です。

トリカブト
(鳥兜)
monkshood
(モンクスフード)
aconite や wolfsbane などとも。 毒で有名ですが青い綺麗な花を咲かせます。和名も英名”修道士(monk)の頭巾(hood)”もその花の形から。
姫トリカブト ポット苗

ナデシコ
(撫子)
dianthus
(ダイアンサス)
pink (ピンク)
dianthus は、カーネーション(carnation, clove pink)や 石竹(China pink)、美女ナデシコ(sweet william)、竜田ナデシコ(pink)などのナデシコ属の学名。

ナノハナ
(菜の花)
rape
(レイプ)
油を取る”アブラナ(油菜)”のこと。oilseed や rapeseed とも。 犯罪の”レイプ”とは語源が違っています。 正確には”西洋アブラナ”を指していて、日本のアブラナとは少し種が違うそうです。

ニチニチソウ
(日々草)
periwinkle
(ペリウィンクル)
Madagascar periwinkle。毒性ありです。 繁殖力旺盛な近縁種 ”ツルニチニチソウ”は large periwinkle や、学名の Vinca major で。

ハス
(蓮)
lotus
(ロータス)
地下茎は野菜の”レンコン(lotus root)”です。 ギリシャ神話のロトスという木と果実も lotus 。

ハルシャギク
(波斯菊)
coreopsis
(コーリオプシス)
別名 蛇の目菊。ハルシャギク属の他の花も指してます。 plains coreopsis, calliopsis とも。 同属の”オオキンケイギク”は lance-leaved coreopsis

ヒガンバナ
(彼岸花)
red spider lily
(レッド スパイダー リリー)
spider lily は、”キツネのかみそり”などのリコリス類に、クリナム、ヒメノカリスなど近縁の花も含んでいるようです。日本名の別名は”曼珠沙華(マンジュシャゲ / マンジュシャカ)。

ヒアシンス
(風信子)
hyacinth
(ハイアシンス)
そのままですが、発音が違っているので注意。 grape hyacinth というと”ムスカリ(muscari *発音はムスケアライな感じ)”のこと。

ヒナギク
(雛菊)
daisy
(デイジー)
他のデイジーとつく花(ブルーデイジー、リビングストンデイジー、etc.)と区別するため common daisy などとも。

ヒナゲシ
(雛芥子)
corn poppy
(コーン ポピー)
別名 虞美人草。field poppy や Flanders poppy とも。 poppy だけでも一般にヒナゲシを指します。 大型種の ”オニゲシ(鬼芥子)”は、日本でも知られている オリエンタルポピー(Oriental poppy )で。

ヒマワリ
(向日葵)
sunflower
(サンフラワー)
ご存知、サンフラワー。 アメリカ、カンザス州の州花です。

ヒャクニチソウ
(百日草)
zinnia
(ジニア)
日本でも ”ジニア”で売られていますね。

ベニバナ
(紅花)
safflower
(サフラワー)
お馴染みのサフラワー油がとれます。

ホウセンカ
(鳳仙花)
balsam
(ボウルサム)
garden balsam, rose balsam。 樹木の”バルサム”も balsam。 ガーデニングで好まれるアフリカホウセンカ ”インパチェンス(Impatiens)”は学名です。

マツバボタン
(松葉牡丹)
rose moss
(ローズ モス)
グラウンドカバーに使われるスベリヒユ属(Portulaca)の花。moss rose とも。 名前と姿からよく混同される”マツバギク(松葉菊 Lampranthus)”は別種の植物です。

ミズバショウ
(水芭蕉)
skunk cabbage
(スカンク キャベッジ)
asian skunk cabbage。スカンクって・・・。切り花に人気の ”カラー (calla lily キャラー リリー)”と同じサトイモ科です。

ユリ
(百合)
lily
(リリー)
オニユリ(鬼百合)は tiger lily、テッポウユリ(鉄砲百合)は easter lily 。 その他のユリの英名はこちら(Wikipedia 英語) で学名と写真を参考にお探しください(汗)。

ヤグルマギク
(矢車菊)
cornflower
(コーンフラワー)
矢車草(ヤグルマソウ)の呼び名のほうが一般的でしょうか。 bachelor's button とも。

ユウガオ
(夕顔)
bottle gourd
(ボトル ゴード)
瓢箪(ヒョウタン) などがなるウリ科の植物。 果実も指してます。 calabash とも。 ”カンピョウ(乾瓢)”は、ユウガオの実から作られる食べ物です。

ラン
(蘭)
orchid
(オーキッド)
胡蝶蘭(phalaenopsis)はカタカナでファレノプシスで広まってますね。他にも種類は非常に多いのですが、多すぎるので省きます。

リンドウ
(竜胆)
gentian
(ジェンシャン)
日本のリンドウ(Japanese gentian)も含めたリンドウ科の植物を指します。

ワスレナグサ
(勿忘草)
forget-me-not
(フォゲット ミー ノット)
ドイツの民間伝承・伝説が元になっていることは確かですが、名前の由来には様々な説があるようです。


関連英単語ノート

植物学 … botany note botanical 【植物学の】
園芸 … gardening / horticulture(園芸学)
球根 … bulb note ”球根の”は bulbous
一年草 … annual [plant]
宿根草(多年草) … perennial [plant]
花びら … petal
萼(ガク) … calyx note sepal 【ガク片】
蕾(つぼみ) … bud
雄しべ … stamen
雌しべ … pistil
接木,接木する … graft


参考、関連リンク

国花 - Wikipedia … 世界各国の国花が記されています。
Language of flowers - Wikipedia … Wikipedia(英語)の花言葉ページ。
THE LANGUAGE OF FLOWERS … 花言葉(英語)の一覧辞書サイト。
Language of Flowers - The most accurate, authentic flower meanings and flower sentiments online … こちらも花言葉一覧辞典。品種や色別に細かく分けられています。

Back to the top of this page