HOME > おさんぽ英語フレーズ散策

かんたん瞬間英作文でスピーキング練習!

NHKラジオやテレビの基礎英語講座などに出てくる基本レベルの英文を題材にした、シンプルで短いフレーズの口頭瞬間英作文練習コーナーです。
下の欄に英作文問題がランダムで出題されますので、表示されている日本語のフレーズを英語ですばやく口に出していってください。
日本語文をクリックすると英文が、さらにクリックすると次の文が表示されます。 日本語を見てすぐに英語が出てくるようになるまでトレーニングしましょう。

このコーナーは NHKラジオ『基礎英語』や、下記で紹介している『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング:森沢洋介 著』の口頭英作文トレーニング方法などを参考にしています。 使用している英文はシンプルで基本的なものから、しっかり覚えておきたいフレーズまでいろいろですが、全般的に難しい英単語はほとんど出て来ません。 また、表示される文に関しましては、随時追加・修正を行っています。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(森沢洋介)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (単行本) スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(CD付) (CD BOOK)

「簡単な英文をスピーディにたくさん作れば、英語を話せるようになる。」という
英語学習書ランキングでも定番の人気シリーズ。
本の内容は、日本語文を見てポンポンと口頭で英文を作っていく形式の「聞き取ったり読んだりはある程度出来るけれど、しゃべるとなると全然出てこない。」という中級者向け英語スピーキング練習本です。
左ページに日本語文、右ページに英文が並んでいて、ページ下にワンポイントアドバイスが付いています。(Amazon で中身確認可。)
付属のCDは、1ページ1トラックの構成で、日本語⇒ポーズ⇒英語 という流れ。

最初の巻『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』では、第1ステージとして、中学一年〜中学三年レベルの基本的な文を確実にスムーズに作れるようするために、非常に簡単な文が文型のテーマごとに並べられています。
「これは良い本です。」などと本当に基礎から始まって、中学2年レベル、3年レベルと徐々にレベルアップ。 難しい単語や言い回しは一切出てきませんが、口頭でスラスラとなると、「あれらは本当の花ですか?」なんて単純な文でも意外なほど言いづらかったりもします。
勉強というよりクイズ感覚で、それほどストレス無く進めていけるものの、テーマごとにまとめられているので、どうしても単調になってしまうのが難点でしょうか。集中して何度も繰り返し…となると、かなりの意気込みが必要になってきます。 気楽に持ち歩いて、適当にページをめくり…という使い方なら問題なし?

続刊の『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』では、いろいろな文型をすらすらと自由に結合できるようになることを目的にした第2ステージ・中学英語の応用編にレベルアップ。
ばらばらに出題されるので単調さは随分なくなっています。
ただ、文も長くなっているので、いきなりだと”すらすら”とはなかなか難しい。

シリーズ第3巻の『ポンポン話すための瞬間英作文』は少し趣向が違っていて、英文の一部を変化させて作ってゆく”パターン・プラクティス”のトレーニング本。
これは持っていないので確かなことは言えませんが、付属のCDが優秀みたいです。

関連Books

同じようなコンセプトの英語学習書の中から評価の高いものを並べて見ました。他にもいろいろ出版されていますので、検索や関連書籍などから探してみてください。

Page Top へ