医療分野の英語2 眼科,耳鼻咽喉科,皮膚科,精神科

医療の各専門分野、○○科 の英語をフラッシュ記憶でインプット。

ophthalmology  眼科,眼科学

(オフサルモラジー) { oph-thal-mol-o-gy }
形容詞形 ⇒ ophthalmologic

眼の病気を扱う医学の一分野。
”眼科医”は、ophthalmologist(オフサルモラジスト)
でも、これは正式な言い方なので、
普段はわかりやすく eye doctor でいいようです。
日本語で言うところの ”眼医者さん”かな。
I went to the eye doctor's.
「眼医者に行った。」

pediatric ophthalmology 【 小児眼科 】

眼科 をフラッシュ記憶


otolaryngology 名詞 耳鼻咽喉科(学)

(オウトウラリンゴラジー){o-to-lar-yn-gol-o-gy}
または otorhinolaryngology (オウトウリノウラリンゴラジー)…長すぎ!

耳、鼻、喉などの病気を扱う医学の一分野。
”耳鼻咽喉科医”は otolaryngologist (オウトウラリンゴラジスト)
・・・言えません、覚えられません。
というわけで、一般に使われる簡単な形は
ear, nose and throat 【耳鼻咽喉科】
略して ENT 。 耳、鼻、喉・・・そのままですね。
ear, nose and throat doctor[specialist] 【 耳鼻咽喉科医 】

otology 【 耳科(学) 】

耳鼻咽喉科 をフラッシュ記憶


dermatology 名詞 皮膚科

(ダーマトラジー) { dar-ma-tol-o-gy }

皮膚の病気を扱う医学の一分野。
”皮膚科医”dermatologist で、
簡単に言うなら skin specialist
米スラングで zit doctor とも言うそうです。(zit は ニキビ《俗》。)

I saw a dermatologist about the rash on my leg.
「脚の発疹を診てもらいに皮膚科へ行った。」[英辞郎]

皮膚炎 dermatitis (ダーマタイティス)
アトピー性皮膚炎 atopic dermatitis《略》AD
アレルギー性皮膚炎 allergic dermatitis

皮膚科 をフラッシュ記憶


psychiatry 名詞 精神科(医学)

(サイカイアトリ) { psy-chi-a-try }

主に精神の疾患を扱う医療の一分野。

psychiatrist 精神科医
psychiatric 精神科の

語源を見ると psycho ”魂”という意味で、
”心,精神”に関する語が連なっています。
psychic (サイキック)【 霊能力者(超能力者) 】や
psychopath (サイコパス)【精神病質者】など
カタカナ語として通用してるものも多いので結構覚えやすい。
発音は違うので注意が必要ですけれど・・・。

”精神科医”は スラングで shrinkhead shrinker とも。
shrink は【縮める】)
妄想で膨らんだ頭を縮める ということから言われるようになったそうです。

精神科 をフラッシュ記憶


☆☆☆

医療分野の英語1 外科医,内科医,小児科,産婦人科
医療分野の英語3 整形外科,泌尿器科,麻酔医
医療分野の英語4 歯科医,獣医,整骨医,鍼師



【 フラッシュ記憶英単語 補足説明 】


フラッシュカード風に次々と画面に表示される文字を
ただただ眺めて脳裏に焼き付けます。
文中にある ○○ をフラッシュ記憶 のリンクを開いたら
『フラッシュ記憶英単語 スタート』ボタンをクリックして、
出てくる文字をじっーと眺めてみてください。
何度も繰り返せば、きっと頭に英単語がすり込まれるはずっ!

注: IE6、javascript 有効 で動作確認。
中身の効果に関して検証などは一切してません。
「こんなのでどうかな?」くらいに考えたものですので、
ちょっとでも記憶に残ってくれればラッキー♪ 程度の気持ちでお付き合いください。
Back to the top of this page