CentOS4.x Bind9

複数ドメインの運用を行う為のDNSサーバの設定を行ってみます

DNSサーバ(bind9)の導入で既にドメインの運用ができている状態からのメモです

構築する環境

DNSサーバ(bind9)の導入の環境に加えて、以下の環境を追加します。

ネットワーク192.168.1.0/24
ドメイン名test2.local
ホスト名host1.test2.local(192.168.1.150)
host2.test2.local(192.168.1.151)
host1.test2.localに対するAliaswww,ftp,mail

Recommend Book

bind構築時のお供に。頼りになります

test2.localの正引き/逆引きファイルの作成

正引きファイルの作成

作成するファイル名は/var/named/test2.local.zone

ファイルのオーナ:グループは、named:named、パーミッションは600で作成します。

作成するファイルの内容は以下です。

$ORIGIN test2.local.
$TTL    86400
@               IN      SOA      host1.test2.local. root.test2.local. (
                        2005052501              ; serial
                        3600                    ; refresh 1Hour
                        900                     ; retry 15min
                        604800                  ; expiry 1w
                        86400                   ; min 24Hour
)
;
                IN              NS              host1.test2.local.
                IN              MX      10      host1.test2.local.

localhost       IN              A               127.0.0.1
host1           IN              A               192.168.1.150
host2           IN              A               192.168.1.151

mail            IN              CNAME           host1
ftp             IN              CNAME           host1
www             IN              CNAME           host1

逆引きファイルの作成

作成するファイル名は/var/named/test2.local.rev

ファイルのオーナ:グループは、named:named、パーミッションは600で作成します。

作成するファイルの内容は以下です。

$ORIGIN 1.168.192.in-addr.arpa.
$TTL    86400
@               IN      SOA      host1.test2.local. root.test2.local. (
                        2005052501              ; serial
                        3600                    ; refresh 1Hour
                        900                     ; retry 15min
                        604800                  ; expiry 1w
                        3600                    ; minimum 24Hour
)
;
                IN              NS              host1.test2.local.

150             IN              PTR             host1.test2.local.
151             IN              PTR             host2.test2.local.

/etc/named.confの修正

/etc/named.confにtest2.localの正引き・逆引き情報を追加します。

zone "test2.local" IN {
    type master;
    file "test2.local.zone";
};
zone "1.168.192.in-addr.arpa" IN {
    type master;
    file "test2.local.rev";
};

設定ファイルのチェック

DNSサーバ(bind9)の導入に記載と同様の手順でチェックします

/etc/named.conf設定ファイルのチェック

DNSサーバ(bind9)の導入に記載と同様の手順でチェックします

bind9の再起動

rootにて以下を実行します。

# /etc/rc.d/init.d/named restart

動作確認

DNSサーバ(bind9)の導入に記載と同様の手順で動作確認します

関連ページ