CentOS4.x CentOS5.x CentOS6.x

rpmコマンドの便利な使い方を記載してます

目次

導入されているパッケージの一覧を表示したい

$ rpm -qa

このファイルはどのパッケージにより導入されたものなの?

$ rpm -qf <ファイル名>

例えば、/etc/httpd/conf/httpd.confはどのパッケージによりインストールされたのかを調べたい場合、以下の様にします

$ rpm -qf /etc/httpd/conf/httpd.conf
httpd-2.0.52-9.ent.centos4.1

実行結果より、このファイルは、httpd-2.0.52-9.ent.centos4.1パッケージにより導入された事がわかります

パッケージで導入されたファイルの一覧を表示したい

$ rpm -ql <パッケージ名>

例えば、httpdパッケージ(apache2)で導入されたファイルの一覧を知りたい場合、以下の様にします

$ rpm -ql httpd
  /etc/httpd
  /etc/httpd/conf
  /etc/httpd/conf.d
  /etc/httpd/conf.d/README
  /etc/httpd/conf.d/welcome.conf
  /etc/httpd/conf/httpd.conf
    :            :
    :            :
    :            :
    :            :

このrpmファイルにはどんなファイルが含まれているの?

手元にあるrpmファイルを導入するとどんなファイルがインストールされるか知りたい場合、以下を実行すれば、ファイルの一覧が表示されます

$ rpm -qpl rpmファイル名

このファイルはどのパッケージに所属してるの?

このファイルはどのパッケージに所属しているのかを確認できます

例えば、/usr/bin/zipの所属パッケージを調べる場合、以下を実行します

$ rpm -f /usr/bin/zip
zip-2.31-2.el5

zip-2.31-2.el5.rpmにてインストールされたファイルだということがわかります

関連ページ