CentOS4.x CentOS5.x CentOS6.x

root以外の一般ユーザでソースRPM(SRPM)のBuildができる様にする為の環境設定です

設定

ディレクトリの作成

ホームディレクトリ下に以下の様な構成のディレクトリを作成します

${HOME}
   +-- rpm
         +-- BUILD
         +-- SOURCES
         +-- SPECS
         +-- SRPMS
         +-- RPMS

RPMのBUILDを行える様にしたいユーザ(ここではfooユーザとする)になり、以下を実行してディレクトリを作成する

$ cd ~
$ mkdir -p ~/rpm/{BUILD,SOURCES,SPECS,SRPMS,RPMS}

設定ファイル .rpmmacros の配置

ホームディレクトリ(ここではfooユーザのホームディレクトリである /home/foo とする)に.rpmmacrosというファイルを配置します

ファイルの内容は以下です。

%_topdir  /home/foo/rpm

動作テスト

適当なソースRPM(SRPM)をBUILDして、RPMを作成してみる

ここでは、cvsのソースRPMからRPMを作成してみます

ソースRPM(SRPM)の入手

CentOSのyumリポジトリサイトより、cvsのソースRPM(cvs-1.11.17-7.RHEL4.src.rpm)を取得する

$ wget http://mirror.centos.org/centos/4.0/updates/SRPMS/cvs-1.11.17-7.RHEL4.src.rpm

ソースRPM(SRPM)のBUILD

以下を実行する

$ rpmbuild --rebuild cvs-1.11.17-7.RHEL4.src.rpm

これで、${HOME}/rpm/RPMS/i386/下に、cvs-1.11.17-7.RHEL4.i386.rpm ができました

あとは、rootになり、出来上がったRPMをインストールするばOKです

関連ページ