CentOS4.x CentOS5.x CentOS6.x SELinux

SELinuxを無効にすると、ラベルが削除されるので、有効後は必ずラベルの再構築を行う必要があります

SELinuxとは

SELinuxは、プロセスに「ドメイン」、リソース(ファイルやディレクトリ等)に「タイプ」というラベルを付与し、ドメインとタイプ間のパーミッションチェックを行うことにより、システムのセキュリティを高める仕込みです

ラベルの再構築方法

以下を実行して、ラベルの再構築を行います

# fixfiles relabel

実行後は、/tmp以下のファイルが全て削除されるので、Xの再起動が必要です

Recommend Book

SELinuxの概念・導入・設定方法をわかりやすく解説

安心のオライリー本です

関連ページ