CentOS4.x CentOS5.x CentOS6.x Subversion

Redhat Enterprise互換のLinuxディストリビューション CentOS に、Subversionをインストールします

構築する環境

Redhat Enterprise互換ディストリビューションであるCentOS上に、Subversionサーバを構築します

構築したSubversionサーバへはWebDAV経由でリポジトリへのアクセスを行える様にします

また、利用ユーザ(グループ)毎に細かいアクセス制限ができる様にします

WebDAVを使うという事で、apache2の導入も必要になります

ここではapache2の導入が終わっていることを前提での手順を記載します



導入

yumにて導入を行います。

rootにて以下を実行します

# yum install subversion

これでインストールは完了です

引き続き、リポジトリを作ったり、WebDAVで公開したり、アクセス認証の設定等を行っていきます

目次

  • Page.1
    • 構築する環境
    • subversionの導入
  • Page.2
    • subversionを使ってみる
      • リポジトリの作成
      • リポジトリのインポート
      • ブランチ/タグの作成
  • Page.3
    • WebDAVでのリポジトリ公開

      http://ホスト名/svn/xxx でリポジトリにアクセスできる様、apacheの設定を行います

  • Page.4
    • WebDAVアクセス認証の設定
      • 匿名アクセスの設定
      • 認証つきアクセスの設定
      • 認証つき/匿名の両方でアクセスする場合の設定
      • 特定ディレクトリ以下のみ参照不可とする

関連ページ