CentOS4.x CentOS5.x CentOS6.x Subversion

Redhat Enterprise互換のLinuxディストリビューション CentOS に、Subversionをインストールします



WebDAVでのリポジトリ公開

これまでの設定で、SVNリポジトリは使える様になりましたので、WebDAVでリポジトリを公開すべく、追加で設定を行います。

この設定を行うことにより、http://localhost/svn/sample/trunk/ といったURLでリポジトリにアクセスできる様になります

mod_dav_svn の導入

yumにて導入を行います。

rootにて以下を実行します。

# yum install mod_dav_svn

設定

apache2用のsubversion設定ファイル(/etc/httpd/conf.d/subversion.conf)に対して以下の設定を行います。

ファイルがない場合は新規に作成します

<Location /svn/sample>
    DAV svn
    SVNPath /home/svn/repos/sample
</Location>

リポジトリのパーミッション変更

Apacheプロセスがリポジトリにアクセス(読み込み・書き込み)ができる様に適切にパーミッションを変更します

# chown -R apache:apache /home/svn/repos/sample

SELinux用対策

SELinuxが有効(Enforcing)の場合、/home/svn/repos以下に対して、ラベルを付与しアクセス可能となる様にします

# chcon -R -h -t httpd_sys_content_t /home/svn/repos

SELinuxを無効にする方法はこちらに記載してます

apache2の再起動

pache2を再起動し、設定を有効にする

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

動作確認

ブラウザで、http://localhost/svn/sample/ にアクセスすると、リポジトリが表示されます。


目次

  • Page.1
    • 構築する環境
    • subversionの導入
  • Page.2
    • subversionを使ってみる
      • リポジトリの作成
      • リポジトリのインポート
      • ブランチ/タグの作成
  • Page.3
    • WebDAVでのリポジトリ公開

      http://ホスト名/svn/xxx でリポジトリにアクセスできる様、apacheの設定を行います

  • Page.4
    • WebDAVアクセス認証の設定
      • 匿名アクセスの設定
      • 認証つきアクセスの設定
      • 認証つき/匿名の両方でアクセスする場合の設定
      • 特定ディレクトリ以下のみ参照不可とする

関連ページ