CentOS4.x

メールサーバの変更を行う場合(sendmailからPostfixへ等)、MTAの切り替えを行う必要があります

簡単に切り替えができるコマンドの説明です

本ページはCentOS4.x用の記事です

CentOS5.x以降については [CentOS]MTAの切り替えを行う[CentOS5.x以降]を参照してください

MTAの切り替えを行う必要性

/etc/alternatives/下にあるシンボリックリンクファイルの内、mta*ファイルが、現在使用しているMTA(sendmailやPostfix)の実体を指す様になっています。

# ls -al /etc/alternatives
  :       :
  :       :
lrwxrwxrwx   1 root root    26  5月 31 14:09 mta -> /usr/sbin/sendmail.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    40  5月 31 14:09 mta-aliasesman -> /usr/share/man/man5/aliases.postfix.5.gz
lrwxrwxrwx   1 root root    22  5月 31 14:09 mta-mailq -> /usr/bin/mailq.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    38  5月 31 14:09 mta-mailqman -> /usr/share/man/man1/mailq.postfix.1.gz
lrwxrwxrwx   1 root root    27  5月 31 14:09 mta-newaliases -> /usr/bin/newaliases.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    43  5月 31 14:09 mta-newaliasesman -> /usr/share/man/man1/newaliases.postfix.1.gz
lrwxrwxrwx   1 root root    23  5月 31 14:09 mta-pam -> /etc/pam.d/smtp.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    22  5月 31 14:09 mta-rmail -> /usr/bin/rmail.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    25  5月 31 14:09 mta-sendmail -> /usr/lib/sendmail.postfix
lrwxrwxrwx   1 root root    41  5月 31 14:09 mta-sendmailman -> /usr/share/man/man1/sendmail.postfix.1.gz
  :       :
  :       :

上の例では、Postfixの実体を指しています。

これを手動で変更するのはたいへんです。

MTAの切り替えコマンド

GUI用とCUI用の二種類があります

/usr/sbin/system-switch-mail/usr/sbin/system-switch-mail-nox です

これを使用すれば、上述のシンボリックリンクを適切に変更してくれます。

また、サービス(マシン起動時にsendmailを起動するのかPostfixを起動するのか)の設定も行ってくれる様です。(chkconfig --add ね)

コマンドのインストール

インストールされていない場合、インストールします

rootにて、以下を実行します。

# yum install system-switch-mail

これで、X用とCUI用の二種類がインストールされます

実行

CUIの場合、/usr/sbin/system-switch-mail-noxを

GUI上の場合は、/usr/sbin/system-switch-mail-noxまたは/usr/sbin/system-switch-mailを実行します。

/usr/sbin/system-switch-mail実行時の画面

/usr/sbin/system-switch-mail-nox実行時の画面

関連ページ