FreeBSD-5.3

FreeBSD-5.3に最初から入っているDNSサーバ(BIND-9)を設定してみます

構築する環境

ネットワーク192.168.0.0/24
ドメイン名example.com
ホスト名host1.example.com(192.168.0.224)
Aliaswww,ftp,mail

Recommend Book

bind構築時のお供に。頼りになります

設定

Bind9を設定します

localhost-v6.rev,localhost.revファイルの作成

/etc/namedb下にある、make-localhost スクリプトを実行して作成します。

# cd /etc/namedb
# sh make-localhost

これで、/etc/namedb下に、

  • /etc/namedb/localhost-v6.rev
  • /etc/namedb/localhost.rev

が作成されます

"imanet.local"ゾーンの正引き・逆引きファイルの作成

正引きファイル

生成するファイルは、/etc/namedb/example.com.zone

ファイルの中身は以下です。

$TTL    86400
@               IN      SOA      test1.example.com. root.test1.example.com. (
                        2004092701              ; serial
                        3600                    ; refresh 1Hour
                        900                     ; retry 15min
                        604800                  ; expiry 1w
                        86400                   ; min 24Hour
)

                IN              NS              test1.example.com.
                IN              MX      10      test1.example.com.

localhost       IN              A               127.0.0.1
test1           IN              A               192.168.0.224
mail            IN              CNAME           test1
ftp             IN              CNAME           test1
www             IN              CNAME           test1

逆引きファイル

生成するファイルは、/etc/namedb/example.com.rev

ファイルの中身は以下です。

$ORIGIN 0.168.192.IN-ADDR.ARPA.
$TTL    86400
@               IN      SOA      test1.example.com. root.test1.example.com. (
                        2004092501              ; serial
                        3600                    ; refresh 1Hour
                        900                     ; retry 15min
                        604800                  ; expiry 1w
                        3600                    ; minimum 24Hour
)

                IN              NS              test1.example.com.

224             IN              PTR             test1.example.com.

/etc/namedb/named.confファイルの変更

allow-transferの追加

optionsに以下を追加する。

allow-transfer {
        192.168.0.0/24;
};

listen-onの変更

options内の

listen-on     { 127.0.0.1; };
};

を、

listen-on     { any; };
};

とし、他マシンからの問い合わせにも解答できる様にする。

"imanet.local"ゾーンを追加する。(逆引きも)

named.confの最下行に以下を追加する。

zone "example.com" IN {
        type master;
        file "example.com.zone";
};
zone "0.168.192.in-addr.arpa" IN {
        type master;
        file "example.com.rev";
};

bind9起動の為の設定

マシン起動時に自動起動する様に、/etc/rc.confに以下を追加する

named_enable="YES"

/etc/resolv.confの設定

nameserverとして、本マシンを使用する様に、/etc/resolv.confに以下を設定します。

nameserver 127.0.0.1

bind9の起動/停止/リスタート

# /etc/rc.d/named start
# /etc/rc.d/named stop
# /etc/rc.d/named restart

関連ページ