FreeBSD-5.2.1 FreeBSD-4.10 postfix-2.1.4,1

Postfixを導入します

導入前に、sendmailの停止を行ってください

導入

make install

rootにて以下を実行します

# cd /usr/ports/mail/postfix
# make install clean

設定

インストールが終わりましたのでPostfixを設定していきます

/etc/rc.confの修正

導入の最後で、YES/NOの問いかけに「Y」と答えた場合、(Postfixを使いますよの意味)「/etc/rc.confまたは/etc/periodic.confに設定を加えて下さい」みたいなメッセージがでます

「Y}と答えた場合、これに従い、設定を加えます

ここでは/etc/rc.confに以下を加える事にします

sendmail_enable="YES"
sendmail_flags="-bd"
sendmail_pidfile="/var/spool/postfix/pid/master.pid"
sendmail_outbound_enable="NO"
sendmail_submit_enable="NO"
sendmail_msp_queue_enable="NO"

起動スクリプトの配置

/usr/local/etc/rc.d/ に /usr/sbin/postfix のシンボリックリンクを作成します

# ln -s /usr/local/sbin/postfix /usr/local/etc/rc.d/postfix.sh

/usr/local/etc/postfix/main.cfの編集

/usr/local/etc/postfix/main.cf を編集します

以下は設定例です

myhostname = host1.example.com
mydomain = example.com
myorigin = $myhostname
inet_interfaces = all
mydestination = localhost.$mydomain
mynetworks = 192.168.100.0/24, 127.0.0.0/8
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases

/etc/aliasesを更新

/etc/aliasesを更新します

# postalias /etc/aliases

実行

最低限の設定はこれで完了です。あとは実行していろいろ試してみてください

関連ページ