Windows VC++6.0

マウスカーソルを砂時計にしたい場合等のメモ

マウスカーソルを砂時計にしたい

マウスカーソルを砂時計にしたい場合はCWaitCursorクラスを使用します

使い方は簡単で、砂時計にしたいメソッド内で

CWaitCursor wc;

と宣言するだけです

あとは、メソッドを抜ける時にCWaitCursorクラスインスタンス(wc)のデストラクタの働きによりカーソルが元に戻ります

サンプルコード

//xxxxダイアログ内、検索ボタン押下時の処理 
void CxxxxDlg::OnBtnSearch()
{
    // TODO: この位置にコントロール通知ハンドラ用のコードを追加してください

    int         ret;
    char        buf[256];
    CWaitCursor wc;        //<--  ここで砂時計になります。
      :      :
      :      :
    Sleep(5000);       //<--  5秒間スリープ
      :      :
      :      :
}    //<--  ここでマウスカーソルが元に戻ります。

関連ページ