Windows Subversion

バージョン管理システムであるsubversionをWindowsにインストールします



構築する環境

WebDAV経由(つまり、http://ホスト名/svn/..../)でリポジトリへのアクセスを行える様にします

その為、apache2のインストールも必要になります

最終的にはTortoiseSVNからHTTPアクセスでリポジトリを操作できる様にします

目次

apache2のインストール

http://httpd.apache.org/ から win32用のものをダウンロード。

ダウンロードしたのは、 apache_2.0.54-win32-x86-no_ssl.msi

ダウンロード後、ダブルクリックしてインストール。

インストール先は、c:\usr/apache2

インストール後、apache2が起動していなければ起動しておく。

subversionの導入

http://subversion.tigris.org/ から win32用のものをダウンロード。

ダウンロードしたのは、 svn-1.1.4-setup.exe

ダウンロード後、ダブルクリックしてインストール。

インストール先は、c:\usr/subversion

なお、インストール時のオプション(Select Additional Tasks)で、「Apache Modules」の項にチェックする事を忘れない事。(デフォルトでチェックされています)


これでインストールは完了です

次ページ以降で、リポジトリを作ったり、WebDAVで公開したり、アクセス認証の設定等を行っていきます

目次

  • Page.1
    • 構築する環境
    • apache2の導入
    • subversionの導入
  • Page.2
    • subversionを使ってみる
      • リポジトリの作成
      • リポジトリのインポート
      • ブランチ/タグの作成
  • Page.3
    • WebDAVでのリポジトリ公開

      http://ホスト名/svn/xxx でリポジトリにアクセスできる様、設定を行います

  • Page.4
    • WebDAVアクセス認証の設定
      • 匿名アクセスの設定
      • 認証つきアクセスの設定
      • 認証つき/匿名の両方でアクセスする場合の設定
  • Page.5
    • TortoiseSVN のインストール

関連ページ