Windows2000

Windows2000 SP3適用済みCDの作成を行います

再インストールの度にサービスパックを当てるのがめんどくさいので・・

ハードディスクへのコピー

Windows2000 ProfessionalインストールCD及び ServicePack3 をハードディスクにコピーする

  • Windows2000
    d:\CD-root下に
  • ServicePack3
    d:\w2ksp3下に

ServicePack3の適用

ハードディスク(d:\CD-root)下にあるWindowsインストールCDデータに対しサービスパックを適用します。

Dos窓で以下の作業を行います。

w2ksp3.exeの実行

-x スイッチ付きでw2ksp3.exeを実行する

E:\W2KSP3>w2ksp3.exe -x

update.exeの実行

e:\CD-root下に対してSP3を適用する。

-s スイッチ付きでupdate.exeを実行する

E:\W2KSP3\i386\update>update.exe -s:D:\CD-root

起動イメージファイルの取り出し

Windows2000 ProfessionalインストールCDより、起動イメージファイルを取り出す。

CDRWINを使用して起動イメージファイルを取り出す

Extract Disc/Tracks/Sectorsを実行

(2)パラメータを設定し、STARTにて、起動イメージファイルを抽出

これで、E:\下に、boot.bin というファイルが作成されます。

これが起動イメージファイルです。

起動イメージファイルを取り出す

Bart's Boot Image Extractor(BBIE)を使用して起動イメージファイルを取り出します

コマンドプロンプトより、以下を実行する。

E:\BBIE10>bbie.exe f:

CD-ROMドライブは F:の場合の例です。

E:\bbie10下に、image1.bin というファイルが作成される。

これが起動イメージファイルです。

ISO9660イメージファイルの作成

SP3適用済みWindows2000 ProfessionalインストールCDのイメージファイルを作成する。

CDRWINにてISO9660イメージファイルを作成

(1) File Backup and Toolsを実行

(2) パラメータを設定

(3) パラメータを設定(Advanced Option 1/2)

(4) パラメータを設定(Advanced Option 2/2)

(5) [START]ボタンにて、処理を開始する。

これで、E:\下にw2ksp3.isoが作成される。

CD-Rに焼く

好みのWriterソフトで作成されたISO9660イメージファイルをCD-Rに焼いて下さい。

私の場合、WinCDR7.0やnero で焼いてます。

関連ページ