マメコ研HP(ホーム)TopPage
ヨシ筒束

お知らせ


申し訳ございません。2011年春用のヨシ筒は、販売予定量に達しましたので、受付できません。ご了承くださいませ。

 コツノツツハナバチ(マメコバチ)を飼養するためには、巣材が必要です。
 巣材として天然のヨシ筒のほかにプラスチック(樹脂)製や紙製の人工巣が販売されています。

 天然素材であるヨシ筒には、安価で、コツノツツハナバチの定着率・生存率・増殖率が高くなるという利点があります。また、自分で河川敷などに生えているヨシを刈り取ってきて切断・加工すれば、きわめて安価に作ることもできます。ヨシ筒の欠点は、耐久年数が数年と短いため、更新(古い巣筒を新しいヨシ筒に交換すること)が必要となることです。
 一方、人工巣は、ヨシ筒が自分で作れない方、作るのが面倒な方のために開発されたものです。プラスチック(樹脂)製の人工巣には、繰り返し(半永久的に)使えるという利点があります。しかし、非常に高額で膨大な初期投資が必要となること、ヨシ筒より大きな設置スペースが必要になること、コツノツツハナバチの定着率・生存率・増殖率が極めて低くなること等の重大な欠点があり、普及していません。
 また、紙製の人工巣ではプラスチック(樹脂)製の人工巣より安価ですが(それでもヨシ筒の5〜10倍も高価)、コツノツツハナバチの定着率・生存率・増殖率が低くなるだけでなく、天敵を除去できないため、経年使用し続けるとコツノツツハナバチが全滅する危険性があります。このため、このタイプの人工巣も普及していません。

 以上のような理由からマメコバチ研究所では、人工巣の使用は推奨しておりません(人工巣を巣材としてマメコ研のコツノツツハナバチを飼養されることは無意味です)。

 マメコバチ研究所では、ヨシが近くに生育していないためにご自分でヨシ筒を作れない方、お近くのJA(農協)、農業資材販売店などでコツノツツハナバチ用のヨシ筒が販売されていないため、購入するのにお困りの方(、さらにはヨシ筒をご自分で作る時間のない方)のためにヨシ筒を販売しております。『マメコ研のヨシ筒は品質が良い』と好評をいただいておりますが、生産数量が少ないため、すべてのご注文にはお応え出来ておりません。できれば、コツノツツハナバチを初めて導入される方や、ヨシ筒を購入できる場所が近くにない方に当社のヨシ筒を購入していただきたいと願っております。お近くのJA、農業資材店からヨシ筒を購入できる方は、なるべくそちらをご利用いただけますようお願いいたします。

『マメコ研のヨシ筒』の特徴
1 サイズが調整されている 用途に合わせてヨシ筒のサイズ(長さと内径)が一定の規格に合うよう調整されており、規格外品がきわめて少なくなっております。
2 管理作業に適した大きさに束ねてある 1束およそ50本になるように束ねてありますので、必要本数に合った数量を(無駄なく)購入することができます。持ち運びも容易で、営巣後の管理作業が楽です。
3 “ささくれ”が少ない 電気ノコギリ(または剪定バサミ)で切断されていますが、筒口の“ささくれ”が少なくなるように配慮して作ってあります。
* 剪定バサミまたはノコギリで切断して作っています(切り口に若干の「割れ」や「ささくれ」があります)。
* ヨシ筒およそ50本を麻紐で2ヵ所縛って1束としています。
* 良品率90%以上で、購入された後の選別が不要となる品質を目標にして作製しておりますが、内径や長さ、本数には多少の誤差がありますので、ご了承ください。

ヨシ筒の規格
コード 形状 内径(mm) 長さ(片側 cm) 全長(cm) 1束の価格 用途
R-0 両切 〜5.0 7〜17 14〜34 ¥262.5- コツノ以外の蜂類用
R-1 両切 5.0〜7.0 7〜17 14〜34 時価- コツノ(まめこ)用
R-2 両切 7.0〜7.7 7〜17 14〜34 ¥時価- コツノ(まめこ)用
R-t 両切 7.0〜8.5 7〜17 14〜34 ¥262.5- ツノツツtaurus
K-1 片切 4.8〜5.6 13〜17 同左 ¥262.5- コツノ以外の蜂類用
K-2 片切 5.6〜6.6 13〜17 同左 ¥262.5- コツノ以外の蜂類用
K-3 片切 6.0〜7.7 13〜17 同左 ¥367.5- コツノ(まめこ)用
K-4 片切 7.7〜10.0 13〜17 同左 ¥367.5- コツノ以外の蜂類用
* R-1:コツノツツハナバチが好んで巣作りする細めの筒です。果樹園で飼養するのに向いています。
* K-3:果樹園で使われているヨシ筒より口径がやや大きめの筒で、ハチの子孫の体が大きくなり、メス比率が高くなります。しかし、ハチの定着率・巣筒利用率はやや落ちます。ハチが増えすぎた方や、増殖率が高い場所で使用したい方に向いています。

以下の点に、ご注意下さい
* コツノ(マメコバチ)用の両切ヨシ筒R-1とR-2の価格は、原材料価格(入荷時の価格が変動します)を元に、ご注文された時点で計算いたします。片切筒K-3よりは安くなります(試算による最高値は325.5円/束です(2007.3.11現在))。これまではコツノ(まめこばち)利用普及のために赤字覚悟で出荷しておりましたが、ヨシ筒のみをご注文される方が増えてきたため、値上げせざるを得なくなりました。
* 一回のご注文は、お一人様5束以上(最大20束まで)でお願いします。
* (特に秋〜春季にかけての)多量(20束以上)のご注文は、お受けできない場合があります。
* 商品のお届けには地域別に送料がかかります(配達便のご指定がない場合には、一般小包郵便物(ゆうパック)の基本料金を適用させていただきます)。
* コツノ以外の蜂類用ヨシ筒をご注文の場合、20束以上でも承ります。ただし、在庫に限りがありますので、大量のご注文の場合には、納品までにかなりの日数がかかります。また、大量注文の場合には販売価格を上げさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

コツノツツハナバチ(マメコバチ)用ヨシ筒(R-1、K-3)の束数と飼養可能頭数
両切 R-1 片切 K-3
束数 筒本数 価格 飼養可能数 価格 飼養可能数
5 約 250本 ¥- 167〜250 ♀ ¥1,837- 83〜125 ♀
10 約 500本 ¥- 335〜500 ♀ ¥3,675- 167〜250 ♀
15 約 750本 ¥- 500〜750 ♀ ¥5,512- 250〜375 ♀
20 約 1,000本 ¥- 665〜1,000 ♀ ¥7,350- 335〜500 ♀
* 飼養可能数は、放飼したメス蜂1頭が2〜3本のヨシ筒に営巣するものとして計算してあります。
* 面積あたりに必要となる束数については、商品紹介 1(種繭・種巣)の頁でご確認ください。

お知らせ

申し訳ございません。2011年春用のヨシ筒は、販売予定量に達しましたので、受付できません。ご了承くださいませ。

トップページへもどる Home
直線上に配置