リンク
懇親祝賀会
翌日親睦会
トップパージヘ

創立15周年記念例会・祝賀会

(点鐘18時・於 ホテル一宮シーサイドオーツカ)

        司会進行 : 山口副幹事・山田親睦委員長

                  総勢当日出席102名での開催

実行委員長挨拶         髙山 幸光

 皆様こんばんわ。実行委員長をおおせつかりました髙山でございます。本日は皆様ご多用中にもかかわらず、このようにたくさんご出席いただきましてほんとうにありがとうございます。主催者の一人といたしまして心より御礼申し上げます。また私たちのクラブの会員の皆さん、そして、事務局の滝口さんご協力本当にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、無事に、ようやく本日までこぎつけることがでました。                                           さて、創立15周年という節目の年に当たり、会長幹事の任に当たられたといいますか、不幸にも当たってしまった、田辺会長、志田幹事お二人のこれまでの気苦労も並大抵のものではありませんでした。

 しかしながら、お二人の強靭な精神力と粘り強さで当初掲げた目標を達成段階にまで推進してきました。                                      会長の目標は大きくは3つありました。                                                                             そのひとつは記念社会奉仕事業を立ち上げることでした。様々な角度から議論し、その成果として児童養護施設「獅子吼園」の支援事業を決定しま下さっています。 二つ目は、中村姉妹クラブ委員長を中心に長い期間にわたり続けてきた、他地区のロータリークラブとの友好関係確立の取り組みの成果を上げることでした。      本日はこれまでの西那須野ロータリークラブ様の絶大なるご支援の賜物として、友好クラブとしての締結式を行うはこびとなりました。                     そして三つ目はこの記念例会と祝賀会を盛大に挙行することでした。そのほか、健康増進のための取り組みも一生懸命やってきましたが、ほぼやり遂げたと言っ ていいと思います。                                                                                            さて、この後、記念例会と祝賀会で約3時間程度になりますが皆様と和気あいあい楽しいお時間をすごしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

もう一度心より皆様に御礼申し上げてご挨拶といたします。 ありがとうございました。

会長挨拶              田辺 文孝

 本日は15周年記念例会ご出席いただき有り難うございます。栃木県から西那須野RCの磯ヶ谷会長はじめ18名の皆様、茂原 茂原東 大網ロータリーの皆様、そして当クラブ関係者の皆様、総勢102名の参加をいただき15周年の記念例会を開催する事が出来ました。                                                                 茂原RCを親クラブとして(特別代表横堀喜六様)1993年2月4日国際ロータリーより承認され、設立15年目を迎えることが出来ました。これもひとえに各ロータリークラブのご指導と当クラブの今日の基盤を築いてくれた歴代会長会員、そして本日ご出席いただいているご家族皆様のご理解の賜物と感謝申し上げます。特に、ご配偶者の皆様のご理解とご協力に重ねて感謝申し上げます。                                                                  たまたま私が15代目の会長という栄誉に授かり力不足の私ですが大変光栄に感じております

RI会長は(本年度のテーマ

 「ロータリーには魔力がある。その魔力とはごく普通の人に、途轍もないことを数々経験させてくれるのです。ロータリーとは全くもって驚くべき存在である120万人の会員の間に共通する一本の強力な糸.が存在するとすれば、それは「分かち合い」という名の精神でできた糸ですといっておられます。                    RI会長の言葉通り、ロータリーは私に途轍もない事を経験させてくれています。ロータリーに入会していなければ皆様と会うことはないし、まして会長という名誉な体験は無かった事でしょう。                                                                                       それが今この時間、会長の立場で挨拶をさせていただくという事は、私にとっては途轍もない出来事であります。この現実が「ロータリーには魔力がある」ではないかと思っております。                                                                                          ロータリーに、この一本の強力な糸「分かちあい」があればこそ本日の記念例会が盛会に開催できたと信じております。

  15周年を記念して3つの目標を掲げました

 1つ目、15周年記念事業計画実行(クラブの活性化)                                                                      会員個々での寄付の参加、奉仕の理想に基づき各財団への寄付                                                            茂原中央ロータリークラブホームページを作り直す事                                                                   広報活動の推進 誰でもホームページを見る事により手軽にロータリークラブが理解できるようになりました。15周年の内容を掲載                     ウォーキングの奨励 歩数計全会員に配布                                                                          歩くことによる健康増進 歩くことの大切さの意識付け                                                                     茂原中央に入会してよかったおかげで毎日散歩するようになったと感謝されるように。                                                 会員増強 今年度本日入会者含めて現在4名の増員です、15周年の記念日に花を添えていただきました。問題はいかに退会者を  出さないようにクラブ 運   営を続けるかがこれからの課題であります。

 2つ目、社会奉仕活動

  会員みんなが参加できて恒久的な社会奉仕事業。少子高齢化時代の本格化を迎えるにあたり、次代を担う青少年の養護育成に焦点を当てた取り組みを展開す  ることとしました。                                                                                           その一環として、子どもたちの未来に何らかの形で支援のかかわりを持っていくという主旨の下に、まず具体的に身近なところから、対象を長生郡市内の児童養   護施設としていくこととします。                                                                                   子供たちに援助できる奨学金制度と会員皆で出来る奉仕作業を毎年続けていく事にいたしました。後ほどご紹介いたします。

 3つ目、友好クラブの締結

  設立当初から念願だったクラブ同士でお付き合いの出来るクラブを望んでおりましたところ、西那須野ロータリークラブのゴルフ同好会のお付き合いからク ラブ  同士のお付き合いをしていただけることになりました。                                                                     西那須野ロータリー様は36年の歴史があります。その歴史の中で社会奉仕事業や、他クラブとの交流やら事業実績に輝かしいものがあります。歴史の浅い     当クラブには先輩クラブは手本であり見習うところが沢山あります。                                                            友好クラブの締結というお願いをしたところ、快く承諾いただきました。                                                          磯ケ谷会長 星野幹事様そして西那須野ロターリークラブ会員の皆様に改めて感謝申し上げます。                                         創立昭和46年12月10日、36年の歴史、                                                                                 会員数  51名                                                                                          主だった活動としまして                                                                                        26年前青少年育成の為奉仕活動の一環として合唱団を育てようだはないかとの話が持ち上がり、そして誕生したのが現在の那須野が原少年少女合唱団です。           卒団生も800名を超えるまでになりました。

       友好クラブ  米国バイセリアRC 新座RC 郡山安積RC

       姉妹クラブ  比国パラニアッケRC 韓国東水原RC 台湾桃園RC

   本日は18名という大勢のご出席有り難うございます。後ほど締結書の調印式を行います                                              本年度の目標はご列席いただいております皆様方のご協力によりほぼ100パーセント達成できました有り難うございました。                        

物故会員への黙祷(氏名・ご逝去年月日)(敬称略)

森川 悌順

1994年(平成6)  4月30日

清宮 節夫

1995年(平成7) 12月18日

高瀬 義隆

1998年(平成10) 9月18日

江澤 直二

2001年(平成13) 1月13日

林  正紀

2001年(平成13) 4月25日

板倉 昌衛

2003年(平成15) 3月21日

大多和  力

2005年(平成17) 4月27日

新会員入会式         ★ 片岡えり子会員

中村憲太郎会員(海外出張のため欠席)

 職業分類:司法書士

 事業所:司法書士 片岡えり子事務所

   297-0038茂原市上林184-1

 趣味:クラシックバレエ・読書・ヨガ

 職業分類:学習塾

 事業所:スクール I E (代表)

299-4301 一宮町一宮3020

 趣味:マージャン・スキー・スノボ

友好クラブ締結式( 磯ヶ谷西那須野RC会長)

*中村姉妹クラブ委員長より締結までの経過報告あり           縁結びをしていただいた中村会員と西那須野RCの渡辺様です

横堀 喜六 特別代表

 この度は創立15周年おめでとうございます。私は今朝、台湾より朝一便で飛んで参りました。というのも茂原ロータリークラブと姉妹クラブを締結しております屏東東ロータリークラブとの締結25周年に、第1回目より参加いたしております関係上屏東の方に行っておりまして行事が重なっておったためであります。

 先ほど15周年の記念事業としまして茂原中央ロータリークラブが西那須野ロータリークラブとで友好クラブの調印式が行われましたが誠におめでたいことで、両クラブが今後仲良くお付き合いをして相互に訪問しあいながら数年後には両クラブが姉妹クラブ締結される様になればと希望いたすものであります。

茂原中央ロータリークラブが創立する前後の茂原では一宮川の氾濫により周辺が大洪水になり、千葉東方沖地震により茂原市周辺が大被害にあったり、又竜巻による家屋の損失がありその上バブルが弾けて不況の嵐が渦巻く中、人口9万人に満たない地方都市に3つ目のロータリークラブは無理であろうと大方の会員が思っておりました。しかし、そういう状況の中で茂原ロータリークラブの35周年記念事業として何とか実のあるものにしたいという思いで新クラブの結成を実行致しました。現在は大網ロータリークラブを子クラブに持ち、創立時37名でしたが本日数名の新入会員の入会で又30名台に戻ってまいりましたので今後皆さん方が今まで以上に協力され活気あるクラブ運営のもと、ますます茂原中央ロータリークラブが活躍されますことを祈念致し私の挨拶とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

秋葉 吉秋 RID27906分区G補佐(茂原東RC

 茂原中央RCさまの15周年を心からお喜び申しあげます。本日、ここに茂原中央ロータリークラブ様が創立から15周年を迎えられ、その祝賀会を開催されました事を心よりお祝い申し上げます。スポンサークラブである茂原RC35周年の記念事業として、1993年に創立されましたので、まさに本年2008年で15年の歴史を刻まれたという事になります。また西那須野RC様と友好クラブの締結を先ほど行われ、15年目の節目をこれ以上は無い素晴しい記念の日とされました。重ねてお祝い申し上げます。私事で大変恐縮ですが、15年に亘り、茂原卸団地組合会館を例会場としてお使いいただき、卸団地の経営安定にご協力をいただきありがとうございました。   組合の役員として御礼申し上げます。

 さて、私のホームクラブである茂原東RCはご案内の様に、スポンサークラブが同じ茂原RCです。従って、兄弟クラブということに相成ります。私が茂原東RCに入会してから、しばらくしますと、やはり15周年を迎える事になりました。当時の会長の挨拶を鮮明に記憶しております。「今日は創立から15年目を迎えましたので、昼食の料理のおかずを1品追加し、豪華に(?)しておきました」といわれました。考え様ですが、実にアッサリしたものでした。クラブのカラーも十クラブ十色です。その点、中央クラブ様には何か熱のような熱いものがいつも脈々と続いています。5周年、10周年、15周年とお祝いをされるに留まらず、2000年には大網クラブを設立されました。「若いうちに子供を産め」のセオリー通り、わずか7年目にしての新クラブを設立です。また昨年、2007年には、茂原市内3クラブの共同提唱による茂原ローターアクトクラブを作られました。実に第2790地区として15年ぶりの快挙です。この様にこれからも熱いロータリーマインドの横溢するクラブとして、25年、50年に向かわれるものと確信します。今後とも兄弟クラブとしてご厚誼いただくと共に、茂原中央クラブ様のますますの弥栄を記念して、整いませんがお祝いの言葉とさせていただきます。本日はおめでとうございました。

磯ヶ谷 正徳 西那須野RC会長

本日ここに茂原中央ロータリークラブ様が創立15周年を迎えられ、記念例会がかくも盛大に執り行われますことに心よりお祝い申し上げます。又この記念すべき例会にお招きいただきましたことに西那須野ロータリークラブを代表いたしまして深く感謝を申し上げます。さて、貴クラブと私共に西那須野ロータリークラブは平成7年9月に貴クラブ中村勇会員と私共の渡辺渉会員の橋渡しによりゴルフを通じ相互の交流が始まり友好と親睦と友好の輪を深めてまいりました。又、昨年9月には貴クラブ田辺会長をはじめ、多数の会員の皆様の例会へのご出席を頂きました。誠に有難うございました。例会後の懇親会ではお酒を酌み交わしながらお互いの理解と親睦を深めることが出来たのではないかと思っております。そして今日貴クラブの創立15周年記念例会に際し、友好クラブとして締結できましたことを合わせて感謝申し上げます。今後も両クラブがより一層、友好と親睦の輪を深めウィルフリッド J・ウィルキンソンRI会長のテーマ「ロータリーは分ち合いの心」を実践してロータリーの理想と理念を実現するよう協力して行きたいと願っております。最後に貴クラブの益々のご発展と会員並びにご家族皆様のご健康をお祈りしてお祝いの言葉とさせていただきます。本日はおめでとうございました。

記念卓話   鈴木 勝幸会員(茂原中央RC

    『中高年の健康と認知症』

千葉県の高齢化率は、総務省統計局の平成7年の推計人口によると10.9%であり、10人に一人は65歳以上、平成20年では19.3%、平成26年で25%台となり、4人に一人は65歳以上となります。そのうち認知症高齢者は、現在7.1万人(推計値であり、実際は3倍いると思われる)さらに2015年には、12万人に急増することが見込まれている。原因としては、昭和22年~24年生れの「団塊の世代」の人が高齢者となるため。また、65歳以上の高齢者で認知症予備軍と言われる人が、全国で400万人いると推定される。日本人の平均寿命が昨年11月に発表され、男性が78.79歳、女性が85.75歳と延びました。100歳以上の人は全国で2万8372人、千葉県は817名とのことです。

 【認知症とは】                                                                                             1.認知症と年のせいによる物忘れは基本的に異なる。 認知症は、脳の神経細胞(ニューロン)が消失してしまう脳の病気であり、もの忘れは脳の神経細胞  の減少、いわゆる老化現象の影響と言えます。もの忘れは、非進行性に対して、認知症は進行型で通常5~10年位で死亡となります。現在では、原  因、特効薬及び治療法はありません。

2.認知症の定義                                                                                             大脳(司令塔)が壊れ、認知機能が悪くなり、生活に支障が出てくる脳の病気である。もの忘れが激しい+言葉がでてこない、注意力が続かない、段取  りが悪い。

3.認知症の種類                                                                                              ① アルツハイマー病:全体の50%を占め、ドイツの精神医学者のアロイス・アルツハイマー博士の発見による。穏やかに発症し、徐々に進行していく。    女性に多く、人格が変わる。                                                                                  脳血管性認知症:全体の20%、脳の血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜化出血)による 認知症、段階的に進行、男性に多く、人格は保たれやすい。   レビー小体病認知症:全体の20%、大脳皮質にレビー小体が現れることにより発症する。幻覚・幻視・幻聴症状が多く、気分や態度の変動が大き     いことが特徴。日本人の横浜市立大学の小阪教授が発見。                                                             ピック病:若年性認知症の一つで、性格の変化、理解不能な行動をする。脳の前頭葉から側頭葉にかけての部位が萎縮する。                若年性認知症:認知症は高齢者だけの病気ではなく、18歳~64歳で発症する。働き盛りなのに、もの忘れが激しく、社会生活を営むことが困難     となる。本人や家族の苦悩が深く、家庭への打撃も大きい。

4.認知症と脳

人間の脳は大脳、小脳、脳幹の3つの部分に別れ、人間としての特徴をいちばんよく表しているのが大脳である。大脳はさらに後頭葉、側頭葉 、頭頂葉、前頭葉の4つの部分に分かれている。前頭葉の中の前頭前野という領域が、脳の他の領域を制御し最も高次な中枢であり、大脳皮  質の約30%を占める。                                                                                  ② 脳は、1200~1500g(出世時400g)あり、約150億個の神経細胞(ニューロン)があり、情報の伝達の役割を担っている。この神経細胞は老より  1日に約10万個程度消失している。全部消失するには約400年かかる。80歳で約37%が死滅する。

 大脳は左右二つに別れ、左脳は一般に言語や計算、理知的な機能を右脳は空間認識や芸術的作業等直感的な機能に関わる。          前頭葉は視覚、側頭葉は記憶、頭頂葉は皮膚感覚、身体を動かすための運動野があり、前頭葉は認知、判断、創造などをつかさどる。

5.認知症の症状

     中核症状・・・治らない                                                                                         記憶障害、見当識障害、理解・判断力の障害、実行機能障害、言語の障害などがある。

 周辺症状・随伴症状・・・改善できる                                                                            不安・焦燥、うつ状態、幻覚・妄想、徘徊、興奮・暴力、不潔行為、せん妄などの症状がある。

6.認知症の予防

  ① 大脳の多くの細胞を使い脳内の血流量を増す。                                                                   そのためには、顔の筋肉をしっかり動かす。                                                               例えば、笑うこと、泣くこと、声を出して歌うこと、手先を左右別々に器用に動かす。編み物や楽器の演奏が予防に役立つ。

    ② 抗酸化作用のある食べ物を摂取する。                                                                               ビタミンC、Eを多く含む果物やβカロチンを含む緑黄色野菜を食す。                                                            また、カテキンを含む緑茶やポリフェノールを含む赤ワイン等もよい。アジ、イワシ、サンマなどDHA、EPAを含む青魚がよい。

    ③ 文章を書く、声を出して読む、ゲームをする。                                                                 人とのおつきあい(コミニュケーション)をするなども予防としてよい。                                                    認知症は、「本人に自覚がない」は大きな誤りです。誰よりも、苦しいのも、悲しいのも「本人」です。

 バナー交換

マゾリィニ・ディ・オリヴェリ・サントス・ガブリェラ  (交換学生)
 FUNDADO EM
 SAOPAULO
 BRASIL

 皆出席表彰

 10年 穐葉三千雄会員
  5年 湯原 由雄会員

幹事報告             志田 野舞

            1. PHFの申請2名(今井会員・林会員)

 2. 「毎年あなたも100ドルを」の全会員寄付の達成

祝電披露

吉田 幸男茂原ロータリークラブ会長                                                                  創立15周年おめでとうございます。輝かしいご発展を遂げられた貴クラブの皆様の情熱に敬意を表し、さらなる飛躍を期待しております。

宍倉 正胤 様                                                                              創立15周年、心からお祝いいたします。厳しい社会情勢ですが、ロータリー精神を、ますます高揚させ、頑張ってください。

ニコニコ報告

田辺会長・志田幹事・・・・本日は皆様私共15周年記念例会並びに祝賀会にいらしていただき心から御礼申し上げます。

髙山実行委員長・・・・創立15周年記念の実行委員長の任が、どうやら無事果たせそうです。皆様のご協力に感謝いたします。

出席報告

例会日

会員

出席

MU

欠席

免除

出席率

3/04

31

30

 

  1

 -

96.77

2/19

29

2

0

  5

 -

82.76

 閉会の点鐘     長時間にわたりお疲れ様でした。15周年記念例会終ります。                   田辺文孝
次のページに
リンク
懇親祝賀会
翌日親睦会
トップパージヘ

2008年3月4日 15周年記念行事

                                             
                                     
会場 一宮 シーサイド オーツカ