bind_free025.jpg

信頼を築くために!

ペットブームの到来と共に、犬を飼う人が増えてきています。「犬を飼うなんて簡単なことだよ」と安易に考えていませんか?
犬を飼うということは、犬の生活に伴う全てのことについて、飼い主のあなたが責任を持たなければならないのです。もちろん、犬に対する愛情が第一に大切です。
あなたは、次のことをきちんと続けていくことができますか?

①犬が死んでしまうその時まで、家族みんなで愛情をもって飼うことができますか?
②「しつけ」を行うことができますか?
「しつけ」は、人間と犬が一緒にうまくやっていくための大切な工夫です。
③子犬が生まれても、飼うことができない場合は、不妊・去勢手術を受けさせることができますか?
④周りに迷惑をかけないようにすることができますか?
「咬まない」、「ムダ吠えしない」、「(飼い主が)糞の始末をする」
⑤毎日、散歩ができますか?
⑥病気になったり、予防注射をしたり、犬にだってお金がかかります。大丈夫ですか?
⑦かわいがって、叱って、健康に気をつけていつも元気な良い犬でいられるように育てていけますか?


これらのことをきちんと果たして、初めて犬の飼い主となる資格があります。
犬を飼育する前に是非一つ一つイメージしてみてください 。

「犬のしつけ」のコツはただひとつ、「出来るまであきらめないこと」。
失敗しても、覚えが悪くても、犬がおバカさんに見えてもあきらめてはいけません!
飼い主があきらめたり、投げ出したりしなけれぱ、たいていの犬がかなりのレベルまでいける「はず」なんです。
でも、そこまでしんぼうできない飼い主が多いんです。
「だって、いそがしいんだもん」、「だってアイツ頭悪いんだもん」、「いくらおしえてもダメなんですよ」、「犬にばっかりそんなに手をかけていられないわ」と人間はいくらでもいいわけができますから。
「ハズレ」は、人間の方かもしれません。

はっきりいって、犬を飼うことは誰にでもおすすめできるわけではありません。
なぜなら病気の治療や予防にはずいぶんお金がかかりますし、マンションや社宅に引越してしまうような人じゃ困ります。
犬のしつけは本に書いてあるほど簡単じゃありませんし、たいしてかっこいいわけではありません。近所への気がねで気の休まるヒマもなく、雨の日も風の日も散歩に行かなくてはなりません。
それが10年以上も続きます。しかも、飼い主は犬より先に死んではいけません。
必ず犬の最期をみとどけなくてはなりません。


これだけの努力としんぼうを重ねても、誰もほめてくれるわけじゃないんですよ。
10年以上にも及ぶ犬との長い暮らしの中で、あなたが得られるものは、「犬の純粋で、まっすぐな、あなたへの愛」。そして「たくさんの、やさしい、思いで」・・・・・
たったそれだけです。
たったそれだけのことを、自分にとってかけがえのないものだと思える人だけが、犬を飼ってください。

「犬は教育されて初めて犬になる」とも言われています。
ただ放って置いて、名犬になる犬なんて絶対いません。あなたの犬を世界でたった一頭、だけの名犬にするのは、飼い主であるあなたなのです。

さあ、あなたもあなたの愛犬と「できるまであきらめないで!」がんばりましょう!!


誰もがみんなペット好きな人ばかりではありません

出掛ける先々で、散歩に行く先々で、ワンちゃんの「ウンチ」の始末を呼びかける看板を目にすることが多いですね。
ポイ捨てのゴミと一緒にワンちゃんのウンチの多いこと、毎日同じ所に散歩に来て、自分のワンちゃんの「ウンチ」を始末しないで、また翌日同じ所に来て、前日と同じ行為を繰り返して行く人が、こんなに多いとは、あきれ果ててしまいます。
平気で歩道の真ん中に「ウンチ」をさせ始末しない、他所様の玄関前で「ウンチ」をさせ始末しない。
そんな自分勝手な行為が許されるのでしょうか?

自分一人ぐらいなら、誰も見ていないから、自分の土地ではないから良いだろう!○ンチは汚いから、等々の理由で処分しない人が多いのが気に掛かります。

また、可愛い愛犬の健康管理のためにも、排泄した○ンチを観察することは大変重要な行為です。
いつもの通りの便か、軟便ではないか、と、少なくともそのくらいの観察は最低してあげたいものです。

どんなに賢くお利口なワンちゃんでも、あなたの可愛い愛犬は、自分で始末する事が出来ません。
飼い主のあなたにしか出来ないのです。


また、公園や広場にてワンチャンのブラッシングをしている光景を眼にします。
一見微笑ましくワンチャンも気持ちよさそうにしております。しかしその後がいけません、辺り一面に散らかったワンチャンの抜け毛、そのままにして帰ってしまう姿を良く眼にします。
皆さんの可愛い子供さん、可愛いお孫さんを安心して遊ばせることの出来る場所なら、そんな行為はとらないはずです。

観光地にお出かけしたとき、公園で愛犬を休ませようとしても、愛犬連れお断りの看板を目にすることも多々あります。
心ない一部の人の行動により制限されてしまうのです。
皆が皆犬好きな人ばかりではありません。
時々心ない人による動物虐待のニュースが流れますが、そんなことも一つの原因ではと考えさせられます。

せめて自分の住んでいる街や公園は、綺麗に気持ちよく利用したいものです。
愛犬の健康診断の目安にもキチンと「ウンチ」の処理をしましょう。

基本的なことも出来ない人に、動物を飼育する資格はないと思いますが??