SHOW-YA
ショウヤ




プロモーションのEPレコードです

L.A.LIVEのB面 収録無し




Side A 3度目のクリスマス
Side B GO

東芝EMI
PRT 1335



Side A 水の中の逃亡者
Side B フェルマータ

東芝EMI
WTP-17967



Side A 孤独の迷路(ラビリンス)
Side B 嘘だと言ってよMoon Light

東芝EMI
PT07-2020




Side A 素敵にダンシング
Side B AU RREVOIR(Last Scene)

東芝EMI
PRT-1150




Side A 叫び
Side B 奪いとれ

東芝EMI
PRT-1461




Side A 私は嵐
Side B 愛のFRUSTRATION

東芝EMI
PT07−2360




Side A 愛さずにはいられない
(STILL BE HANGIN`ON)
Side B GET DOWN

東芝EMI
RT07-2110




Side A 愛さずにはいられない
(STILL BE HANGIN`ON)
英語バージョン
Side B 愛さずにはいられない
(STILL BE HANGIN`ON)
日本語バージョン

東芝EMI
RT07-2110




Side A 限界LOVERS
昭和シェル石油89イメージソング
Side B WHAT DO TOU SAY ?

東芝EMI
RT-07-2 3 1 1

Side A You Turn Me Over~Whole Lot Of Rosie~Train Kept A Rollin (Medley)
L.A.LIVE
Side B 収録無し

東芝EMI
PRT-1461


SHOW−YA(ショウヤ)は、ヴォーカルの寺田恵子さんを中心に?(私にはその様に見えてました)女性だけのロックバンドとして1981年に結成されました。
主な活動はライブとかコンテストなどへの出場だったようです。
メジャーデビューは、85年のファーストシングル「素敵にダンシング(Coke is it!)」のことです。
当時の私は、女性ばかりで編成されたバンドなんてと正直、馬鹿にしていました。
つまりバンド名だけは知っていたけど、曲は聞いたことがない。
でも、聞きたくないバンドの一つだったのです。(アホな奴でした)
87年にリリースされた「水の中の逃亡者」を偶然聞く機会があって、バンドの名前を聞いてショックを受けました。
女性ばかりのバンドにロック、特にハードロックなど出来るはずもない!所詮、話題作りの色物だと決めつけていたことが恥ずかしかったのです。
寺田さんのボーカルは、実にパワフルで、ハイボイスでシャウトするときの切なくなるほどの透明感は、信じられないほど美しい。
もちろんバッキングも実に素晴らしいプレイを聞かせてくれます。
ファッションもヘビメタそのもので、雰囲気がありました。
女性だけのバンドでこれ程のレベルを達成できたのは、このSHOW−YA(ショウヤ)だけだと個人的に信じています。
「水の中の逃亡者」、「孤独の迷路(ラビリンス)」、「私は嵐」、「叫び」などが特に好きで、今でもテンションを維持したいときには欠かせない曲となっています。
やわな曲に慣れた方にはハードすぎるかもしれませんが、ぜひ一度聞いて欲しいバンドです。
91年に寺田さんが脱退され、ボーカリストが変わると、私の中のSHOW−YA(ショウヤ)も終わりを告げてしまいました。
新メンバーでのSHOW−YA(ショウヤ)は、認めがたかったのですね。
98年にバンドは解散してしまいましたが、やはり、寺田さんあってのSHOW−YA(ショウヤ)だし、SHOW−YA(ショウヤ)あっての寺田さんだったのかもしれませんね?







直筆サインです



レコード会社の色紙にメンバーの直筆サインですが、どのサインが誰のものかわかる貴方はすごい!
私にはわかりませ〜ん。





番外編の寺田恵子さん直筆サインです

 

曲目

1. Paradise Wind
2. Escalation
3. Eyes Of Love
4. オーロラへのendless Way
5. Under The Mask
6. Forever Dream
7. Body&soul
8. Sentimental Alley
9. 初心
10. 瞳にもたれて
11. Touch
12. Never Alone

92.8.5
BMG VICTOR BVCR-95



寺田恵子さんと聞いても一瞬誰だろうと思い、あっ、SHOW-YA / ショウヤのフロントだった人や!と気がつ自分がいます。
ちょうど増田恵子さんや 未唯mieさんと聞いてもピンとこず、ピンク・レディーと言ってもらえれば瞬間的に分かるのと同じですね。
それ程、寺田恵子さんとSHOW-YA / ショウヤのイメージーが強く結びついています。
寺田恵子さんが1991年にSHOW-YA / ショウヤを脱退してソリストとして活動されますが、このアルバムは脱退の翌年1992年に発表されたものですから、アルバムのそこかしこに(Paradise Wind 、初心 )SHOW-YA / ショウヤ時代の名残が感じられます。
その一方で、アルバムのタイトルにもなっているBody&soul 、瞳にもたれて などに新境地というか、SHOW-YA / ショウヤでは歌えなかったと思われる曲を聴くと、彼女のディーバとしての思いが感じられて胸が熱くなります。






サンプル盤(ホワイトレーベル)


Side A しどけなくエモーション
Side B YOU Can Dance

東芝EMI WTP-17819



Side A ONE WAY HEART
Side B LOVE SICK

東芝EMI WTP-17882



Side A その後で殺したい
Side B 夜が来るまで眠りたい

東芝EMI WTP-17925

Side A 夜をぶっとばせ!
Side B Tender

東芝EMI RT07-2239





ディスコグラフィー

シングル アルバム
85.08.31 素敵にダンシング(Coke is it!)
86.02.01 しどけなくエモーション
86.08.22 ONE WAY HEART
87.01.22 その後で殺したい
87.05.25 水の中の逃亡者
87.10.26 孤独の迷路(ラビリンス)
88.06.25 愛さずにいられない
89.02.01 限界LOVERS
89.06.07 私は嵐
90.09.05 ギャンブリング
90.03.07 叫び
92.01.29 天使の炎−FLAME OF THE ANGEL−
85.09.06 MASQUERADE SHOW
86.03.01 QUEENDOM
86.09.20 WAYS
87.02.04 TRADE LAST
87.11.05 IMMIGRATION
88.05.25 TURN OVER
88.08.24 GLAMOUR
88.12.04 WHITE
89.09.06 OUTERLIMITS
90.10.24 HARD WAY
91.04.12 HARD WAY TOUR 1991
92.08.12 BACK FIRE 炎の女達−COMPLETE BEST−





TOPへ戻る   プロモーションレコードへ戻る