西部警察で登場する無線機


 西部警察では数々の無線機が登場します。スタッフの中にハムでもいるのでしょうか?。マニアックな無線機も出てきます。このページでは、どんな無線機が登場したかを取り上げます。



 スタンダードのC−5400です。第1話、2話の「無防備都市」では、犯人が
逆探知を恐れ警察無線の周波数に割り込み無理な要求をします。
大門は電波監理局に電波探知車の出動を要請、その電波探知車の中へ搭載
されていた無線機がこの機械でした。
実はこの無線機、西部署にも設置されていますが、殆ど使用されていません。
いつも使っている無線機(機種不明)のすぐ横にあります。

追記:パート2から西部署メインの無線機として使用されています。
(写真をクリックすると当時のカタログが見られます)
 第1話、2話の「無防備都市」で犯人が使用していた無線機がこれ。
上の機種はメガトーンCB801若しくは、OEMのMIKA(ミカ)と思われる
ちなみに輸出仕様のCB無線機なので国内での使用は電波法違反になる。

下の機械は、福山電機のMulti-VFO。この機種はMulti-8DXという2mモービル
機のオプションとして販売されていた。したがって写真の組み合わせは全く無意味
であるといえよう。

#上のCB機の
機種名は福岡県のsumさんより情報提供がありました。

 PACE 8035(インターワールド通信機)です。ゲンが乗る黒パト搭載の無線機。
第52話「ギャングになった刑事」で登場した。ゲンが犯人の手に落ち強盗に
利用され、無線機も犯人に「警察無線傍受」に利用される。しかしこれを逆手
に取り、ニセの検問情報を流し犯人を追いつめた。
実はこの無線機は、違法CB無線機(いわゆるハイパワー市民ラジオ)である。
とても警察が使用する機種ではない。ま、ドラマと言うことで...。
また、1985年に日本特殊無線(株)がこの機種を改造してJAPAN-80という
10mFM機に仕立て上げアマチュア無線機としてデビューさせた。(私も所有!)


 これは、トリオ(現在はケンウッド)のTS−120です。第45話「大激走!
スーパーマシン」か
ら毎回登場する特殊車両あの「マシンX」に搭載されている
無線機がこれでした。

左の写真は私が所有する同一機種。実際に車に取り付け、全国いや世界中の
無線家と交信しました。現在は予備の機械として保存しています。
ドラマ上で、(第65話「博多湾決戦」)犯人が連絡に使用した、27MHzの船舶
無線を傍受するシーンがありますが、ジェネカバ機能はありませんので不可能
です。(改造されていたと好意的に見ましょう)
(写真をクリックすると当時のカタログが見られます) 


 これは、八重洲無線のFT−707です。Part2「ニューフェイス!!西部機動
軍団」から登場する「マシンRS(後、RS−3に改造される)」に搭載されている
無線機がこれ。ドラマ上で、犯人のVHF無線を傍受するシーン(Part2 広島
市街パニック!!」)がありますが、短波のみでVHFは受信不可能です。
(トランスバーターが接続されていたと好意的に受け取りましょう(笑))
(写真をクリックすると当時のカタログが見られます) 2000/04/22追加コンテンツ


 これは、八重洲無線のFT−77です。Part3「大門軍団フォーメーション」から
登場するマシンRS−1、RS−2に搭載されている無線機がこれ。
この機種は、当時、高価で複雑と言われていたHF機の操作部を簡略化し、
10Wモデルでは始めて10万を切った価格で販売されました。
(中学生の頃、金貯めて買おうと思ってた。でも買えなかった..)
(写真をクリックすると当時のカタログが見られます) 2000/04/22追加コンテンツ

これはナショナルのRJ−16です。
パート1 第3話「白昼の誘拐」〜第46話「消えた1時間」の間、軍団の携帯用
トランシーバとして活躍していました。ドラマ上では「ピーピー」と呼び出し音が
鳴っていましたが実際はそのような機能はありません。送信出力は、0.1W
で周波数は27MHz帯(CBバンド)です。2000/04/22追加コンテンツ
ナショナルのRJ−160です。第47話「笛吹川友情」から使用されているよう
です。銃撃戦の時や容疑者の追跡といった屋外シーンで使用されます。
ドラマではロッドアンテナを少しだけ伸ばし(丁度写真のように)交信して
いますが、実際は約1mまで伸ばす事が出来ます。
送信出力は、0.1Wで周波数は27MHz帯(CBバンド)です。

(東芝でも同様の機種がある??との情報がありましたが確認できず)



パート1で西部署に設置してあった無線機について

左の無線機は、パート1の時のみ西部警署に設置されていた無線機である。
が、未だに機種名はおろかメーカー名も判明していない。
ちなみに大都会パート3でもこの無線機が使われていた。

私が予想するに恐らく昔の船舶向けのSSBもしくはDSBの無線機ではない
かと思う。決して小道具さんが作った見せかけの無線機ではないと考えます。

つまみ等の位置が異なるものの、手持ちに類似した無線機の写真があるので
紹介しておきます。      (記:2001/08/19)




  西部警察トップページに戻る