この掲示板では匿名(ペンネーム)投稿を認めます。特に指定のない限り投稿文は他の場所においての利用(引用・転載)を承諾されたものとご判断ください。また、投稿される場合はその旨をご了承のうえでお願いいたします。
個人情報漏洩・公序良俗に反する投稿等は知らないうちに削除されていることがあります。運が悪かったと諦めてください。この掲示板はリンクフリーです。


言論の自由と民主主義を守る掲示板


おっちゃんBBS

ようこそ!あなたは310122人目の来訪者です。


[HOME] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

れんだいこ通信 投稿者:れんだいこ 投稿日:2009/04/08(Wed) 00:28 No.139   

 おっちゃん久しぶりです。れんだいこの情宣活動の場として使わせてください。やはりここから宣伝したくなりました。ご容赦をば。 

 ここに謹んでれんだいこ初著作をお知らせさせていただきます。れんだいこはこたび「検証 学生運動−戦後史の中の学生反乱」(社会批評社、2009.2.25日初版)を発刊致しました。社会批評社の小西さんの推薦の辞と思われますが、「紹介」欄には次のように記されております。

 「戦後社会を揺るがした学生運動は、なぜ崩壊したのか? その歴史と実態を概括する。東大闘争―全共闘運動から40年の現在、すべての青年学生に贈る本」。

 「著者プロフィール」で次のように紹介されております。  

 1950年生まれ。1970(昭和45)年、早大法学部入学、1975(昭和50)年卒。1999(平成11)年頃、インターネット界に登場。現在「人生学院」(ttp://www.marino.ne.jp/~rendaico/jinsei/)というWebサイトを「れんだいこ」のハンドルネームで運営し、政治・宗教・思想・歴史・経済問題を評論発信。ネット上にたすけあい党を結成し、情宣活動中。

 れんだいこは、版元ドットコムの著書紹介サイト(ttp://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-916117-81-6.html)のブログに投稿し、次のように著者挨拶しております。  

「皆様はじめまして。本書はれんだいこの処女作です。何を初作としようかと思っておりましたが、学生運動論が手始めになりました。れんだいこが30年来温めていた疑問を解いてみました。本書で学生運動の流れが分かると思います。これをどう見立てるかは各人の自由ですが、れんだいこなりのコメントを附しております。既成の観点とは大きく違っておりますが、この新視点こそが正解と自負しております。読後の議論をよろしくお願いします」。

 どうぞ忌憚なくお読み賜り、ご意見感想をお寄せくだされば本望です。文中に織り交ぜたれんだいこ観点に対する批判も含め、掲示板辺りで議論が沸騰すればなお本望です。口コミ、引用転載よろしくお願い申し上げます。

 版元の社会批評社の小西社長は次のようなコメントを添えてくれております。  

「今年は東大闘争40周年ということで、報道も活発になっているようです。この時期に合わせて、この学生運動史の検証が出されました。活発な議論を期待したいところです 」。

 云われてみれば、今年は奇しくも東大闘争の最終決戦となった安田砦攻防戦40周年になりますね。れんだいこは特段意識しておりませんでしたが、記念すべき周年に発刊できることになりました。

 あの日不思議なことに次のような思い出があります。れんだいこは高校三年生でしたがたまたま遅刻し、教員室へ遅刻届を提出しに行ったところ、授業開始ブザーが鳴っていたにも拘らず数名の教師が釘付けでテレビを食い入るように見ておりました。物分かりが良いというか、れんだいこを見て、「おおっ**君、君もどうぞ」と誘ってくれ、暫くの間一緒に見続けた記憶があります。それほど先生方にも関心の強かった事件であったと云うことと、今日では信じられない情味のある教師たちが居たと云うエピソードと共に蘇って参ります。

 本書の特徴は、戦後学生運動史を総合俯瞰的に叙述したところに意味があります。総合俯瞰的にとは、右派からも左派からも、日共系からも反日共系からも読めるようにしたということです。加えて、適宜に著者見解を附しました。関係者には不興覚悟でかなり大胆に云いたいことを歯に衣着せず述べております。

 これまでの学生運動論は、日共系は日共系からの新左翼系は新左翼系の「俺のところが一番正しい論」からの自画自賛的なものになっていたきらいがありますが、本書は客観評価に務めました。これはかなり高度で難しい作業なのですが、為し得たと自負しております。そういう意味で異色にして待望の学生運動論になっております。この辺りをご堪能くだされば幸甚です。

 もう一つ、学生運動がこれまで信奉してきたマルクス主義の相対化をしてみました。特に、現代世界を牛耳る国際金融資本帝国主義及びそのイデオロギーとしてのネオシオニズム問題を採り上げました。そういう意味で従来にない視点からの考察になっております。もう一つ、穏和系に対する日共の宮顕、急進系に対する革マル派の黒寛を戦後左派運動の撲滅請負人として位置づけ、悪事を確認しております。これも従来にない視点からの考察になっております。

 れんだいこが敢えてこれらの諸問題を記したのは、通り一編なものを市井に提供してみても意味がないと云う思いと、左派運動がこれらの諸問題を確認し対処する能力を獲得しない限り積み木崩しになるとする分別があるからです。従来、これらの問題を明確に打ち出す学生運動論はありませんでした。それは無難ではありますが焦点をぼかしており、れんだいこの性に合わないと考え、敢えて書き込みました。この辺りをご堪能くだされば幸甚です。

 出版社から逸早く出来上がった著作が送られ、これを手にした時、感無量のものがありました。インターネット上で読むのとは叉違う味わいがありました。早速持ち帰り、その日と翌日にかけて風呂でもトイレでも寝床でも読み進めました。著者の自分が読んでみて結構面白いなと云う思いがしました。それと、やはりブックにはブックの良さがありますね。持ち歩きに便利です。

 本書は、2.22日頃より書店に出回りました。販売開始より現在まで既に二ヶ月なろうとしております。それなりの反響を戴いております。四、五名の方からメールをいただいております。爆発的な売れ行きではないようですが、ネット上ではかなりのアクセスをいただいているようです。売れ行きもほぼ順調なようです。但し、残念ですが爆発的では有りません。

 内容が内容だけに商業新聞の書評欄で採り上げられることはあるまいと見立て、事実その通りになっておりますが、今後に於ける学生運動論の際に手引きとなるロングセラー本の地位を獲得し得たと思っております。これは著書宛メールで戴いた書評ですので、れんだいこの勝手な思い込みではありません。それぐらいの解析はしていると自負しております。若い方からは、戦後史の流れが良く分かりました、凄いという反響が寄せられております。

 本書は学生運動論として書き上げておりますが、同時に戦後政治史論にも使えるようになっております。現下の政治局面を評する際の観点基軸として、本書が役立つことも申し添えておきます。まだお読みでない方はぜひ手にしてみてください。れんだいこ観点に同意できなくても、叩き台として思案を深めるのに好著なものになっていると思います。

 一言申し添えておきます。書かなくても良いことではありますが、れんだいこの性分が邪魔して告発しておきます。本書は、左派圏界隈で即日話題になるべき良書ですが、これまでのところ皆目音無しです。これは何を物語っているのでせうか。れんだいこが自惚れで自薦し過ぎている場合が考えられます。もう一つは、それほどまでに日本左派運動がイジケている場合が考えられます。これに関しては、読者の判断に任せます。

 れんだいこは、本書を皮切りに続々公刊して行く予定です。角栄物語り、中山みき物語り等々のど元まで競りあがっているテーマが目白押しになっております。それらが全て人民大衆の利益になるよう願っております。れんだいこの生有る限り健筆を振るい、余生を日本の歴史にひいては世界の歴史に何がしかのお役に立ちたいと考えております。れんだいこ本が皆様方の書棚に納まり、置いておくだけで知となり友となって光芒を放つことを期待しております。今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 只今より宣伝戦を開始いたします。口コミ、転載宜しくお願い申し上げます。当時の活動家、現在の学生の皆様、賛意なり批判なり議論を開始して下さい。まずは政治不況を糺さねばなりません。では。

 2009.4.6日 れんだいこ拝

Re: れんだいこ通信 - おっちゃん 2009/04/08(Wed) 09:15 No.140

れんだいこさん、ようこそです。

ご著作の上梓おめでとうございます。
当サイトといたしましては、全面的プラスアルファの体制でバックアップさせていただきたいと考えますので、ぜひ続報等がありましたらご案内ください。

印税で大もうけした・・・とかの裏話も歓迎です。<笑>




例の所から  これぞ箴言  投稿者:波方鵜晏 投稿日:2009/04/07(Tue) 16:01 No.138   


「48888 返信 法律で許可されていないのにアフリカで日本の海軍は役に立った。」

http://otd2.jbbs.livedoor.jp/mondou/bbs_plain?base=48888&range=1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アフリカの海賊には無軍備でどのような有効な対策が有るのだろうか。
知りたいものだ。

無軍備、無抵抗でどうやって有軍事力に対抗できるのでしょうか。
不思議でしょうがない。

根本的な道理を隠す運動に勝利はない。
「言ったら」いいのに。

侵略されたなら抵抗しないで死ぬのですと。
それを明言できるのならば覚悟のある運動だと認めよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  いい台詞なり。
 似非左翼には答えるなぁ!!

  中曽根元総理の番犬様が居なくなったことを
 想定したシミュレーションなど、外務関係者など
 色々と研究してくれているんだろうな?
 
  
  マスゴミには、こういう事を考える発想など
 無いだろう!!

北と北京の軍部が結託か? 投稿者:波方鵜晏 投稿日:2009/04/05(Sun) 23:15 No.137   


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<北朝鮮ミサイル>飛翔体の発射、各国の自制した態度をのぞむ―中国外交部

2009年4月5日(日)22時19分配信 Record China
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  北京の軍関係の動きは、アジアに不安定と紛争を
 もたらす最大の要因となりつつある。

  奴隷外交しか知らない、本邦の害無省関係者は
 全員、馘首せよ。従来の血縁、縁故による採用法を
 一新せよ。

例のとこから 投稿者:波方鵜晏 投稿日:2009/04/02(Thu) 09:13 No.135 home   

 48877 返信 世界は完全に、世界恐慌。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
物が売れない。
物を買えない。
勤め口がない。
それが恐慌だ。

恐慌は始まったばっかりだ。
本番はこれからだ。最低でも今後5年間継続する。

負債の有るものには地獄の取立てが始まる。
国家は大企業を救済するが零細企業や個人を国家資金で救済しやしない。
地獄の釜が大口を開けて待っている。
庶民には徹底した節約しかない。
四人家族なら月の食費は三万円まで。
昼食代の500円は贅沢だ。
手弁当なら200円の予算で作れる。
携帯電話代は一家で1万円以内。
衣服は有るもので間に合わせて一切買わない。

娯楽教養費や交際費は限りなくゼロに近づける。

今からでも間に合う。
きょうからはじめよう。

「けち」や貯蓄が偉大なる美徳になる。
 生き残らなくっちゃ・。・


 キャベツは芯まで食う。
 細かく刻んで食おう。
 

 大手スーパーが一斉に値下げに踏み切っている。
 恐慌が始まっているからだ。
 一ヶ月の収入から節約して1円でも多く手持ちの現金を増やそう。
 それがあなたを救う。

 考えられないことがこれから起こる。
 1930年代以来の世界的な大恐慌なんだから。
 現金が王様になる。缶コーヒーやペットボトルのお茶を
 飲んでいる場合じゃない。自宅で水筒に入れて職場に行こう。
 一日100円。年間で約3万円。それは一ヶ月の食費に相当する。



 信じられない日々が待ち受けているんだ。
 自分の頭で考えよう。世間を観察しよう。
 何が起こっているのか見続けてゆこう。

 あなたの周りで起こっている些細な変化を見逃すな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  貯金やら節約という、言葉を忘れた世代には
 よいお薬だな。
  
  こういうダラシのない世代を創ったのは
 ダレだ。

   教育・しつけを崩壊させているのはダレだ?


Re: 例のとこから - 波方鵜晏 2009/04/02(Thu) 23:01 No.136 home
 「無責任まかり通る」

 ところでマスコミの若手が
輪をかけてだらしなく、無責任になっている様子。
民法のニュース作りなど、ひどい様子の
ようです。

 とにかく、下請けに出して、楽をして記事を
作るという風潮が蔓延しているようです。
それなりの給料を貰っていながら、仕事は
汗水垂らさず、できるだけ温々とした環境でと
いうような、要領の良さが幅を効かせているようです。
先輩の悪いマネをする訳です。

 中国取材など現地の下請けに任せて、
その情報を紙面にあげている輩が結構いる
ようです。地道な取材など、記事の裏を取る努力など
お馬鹿さんのすることという、風潮になってんでしょう。
腐レ・マスゴミの言うこと、書くことなど、
ダレが信用するか。。。


裁判官制度など、法曹界のプロ根性に乏しい
連中が考え出したことと推測します。
それなりの給料を取っていて、無責任極まりなし!
 国民に難しい事を押しつけるな、煩わしい事を
させるな 時間の無駄をさせるなと申し上げたい。

これなど、今後の進捗が興味深いものです。


インド軍、中国からの侵略に備えた秘密演習... 投稿者:波方鵜晏 投稿日:2009/03/30(Mon) 21:35 No.134   

"インド軍、中国からの侵略に備えた秘密演習を実施―インド紙 - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090330018/1.htm">インド軍、中国からの侵略に備えた秘密演習を実施―インド紙 - 速報:@niftyニュース

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090330018/1.htm

2009年3月26日、インド紙「ヒンドスタン・タイムズ」は、インド軍が「中国からの侵略」を想定した秘密の軍事演習を行ったと報じた。28日付で中国紙・環球時報が伝えた。

記事によると、インドは2017年までに「核兵器を持つ中国から侵略を受ける可能性が高い」と想定している。この「神聖なるマトリックス」と呼ばれる秘密演習は、25日まで3日間行われた。演習に参加した将校の1人は「中国が周辺地区で唯一の大国の座を狙っている以上、『不幸な事件』を引き起こす可能性は大いにある」と警戒感を募らせる。

インド軍は演習前、半年間の調査を行い、中国の人民解放軍は武力攻撃の前にサイバー戦争を仕掛けてくる可能性が高いと結論付けた。人民解放軍の情報戦部隊がインド側のコンピュータをハッキングし、軍事情報の収集やネットワークを麻痺させる攻撃を行うというものだ。演習に参加した将校は「サイバー戦争に備えた準備をより多くしなければならない」と話した。

このほか、インドの高級将校は「中国軍がインドを侵略した場合、パキスタン、ミャンマー、バングラデシュも中国側に加勢する可能性が高い」とする懸念も示している。(翻訳・編集/NN)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

No. 暗証キー
Click Here!

- KENT WEB -